トップページ | 2005年10月 »

決意が人を変える

11月13日投票の葛飾区長・区議会議員選挙まであと僅かとなりました。

 亀有で民主党公認候補予定者の佐藤雄大さんと朝の駅頭をやり、その後一緒に亀有地域を挨拶まわり。スーツで歩いていると、うっすら汗をかく程の適度の暖かさの中で精力的に活動をしました。反応も良く順調に準備が整っており、11月の結果が楽しみです!

 夕方に金町駅で区長候補予定者の鈴木烈さんと一緒に活動した後、佐藤雄大さんを応援する方々を集めての集会に参加。

 雄大さんは駅頭での演説にやっと慣れてきたかな~(笑)と言う状況で、大勢の人の前で話をするのは今日が始めてとの事、お昼頃からソワソワしている始末… かなり心配です。

 来賓の挨拶が終わり、いよいよ本人からの決意表明。どうなる事かと手に汗を握り見ていましたが、意外にも(?)ゆっくり、はっきりと堂々の挨拶。私まで思わず涙を出しそうになるほどの素晴らしい演説に満場の拍手!

 最初は自信が持てずになんとなく頼りがなかったのが、一旦決意を固めると短期間で、人間はこうまで変わるものかといたく感心しました。心持ち一つでこうまで違うのですね。本人もかなり自信がついた様子で、明日からの活動にもますます勢いが出るでしょう。

この調子で最後まで気を抜かずに頑張って下さいね雄大さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/27 Tue 知事の答弁

今日も本会議で朝から都庁で活動してきました。

本会議の内容は各会派の代表者による代表質問で、自民、民主、公明、共産から4名が質問にたちました。

初めての本会議質問でしたが、一番印象的だったのが石原知事の答弁でした。

事前通告制といって、当日の質問の前に何を質問するのかを通告する事になっていますので、多分に儀式的になってしまうもので、皆さんがやり取りをご覧になっても「ツマラナイ!」と恐らく思うでしょう!

しかし、知事の答弁は少し違いました。役人の用意した答弁をただ読むのではなく、自分の言葉で答弁をされていたのです。オリンピック誘致や靖国参拝(なぜか都政なのに!)などの質問に答える時には、自らの思いを自らの言葉で答弁されている姿に新鮮さを感じました。

本会議での発言には重い責任が伴いますので、首長の答弁は用意された答弁書通りになされるのが常識なので、自信がないと出来ない事です。ここに石原知事の高い支持の秘訣があるような気がします。(残念なのは答弁が乱暴な所です…)

明日は一般質問です。恐らく8時くらいまで掛かりますが、知事がどのような答弁をするのか楽しみです。(詳しくは都議会のHPhttp://www.gikai.metro.tokyo.jp/をご覧下さい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/26 Mon  朝の駅頭を休止いたします

区長区議選まで2ヶ月を切りました。

朝の駅頭も区議候補予定者のみなさんで賑わいだして来ました。
またか!というのが皆様の本心だと思います。夏の都議選から始まってこの前の衆議院、そして11月の区政選挙、年に3回も選挙があるのも珍しい事です。

今日も恒例の金町駅での議会報告をしましたが、区議候補予定者が3人いる中での都政報告。「伊藤さん区長選挙に出るの?」との声も(笑)

このままだと全ての選挙に出る羽目になりそうです!選挙のあるなしにかかわらずやるのが私の方針ですが、有権者を混乱させてもいけないとも今日感じました。

ですので、私の報告は11月の選挙が終わるまで休止いたし、仲間の候補予定者のお手伝いと応援に徹したいと思います。仲間のビラを配ってますので、引き続きご協力をお願い致します。

「エラくなったから、駅にも来なくなった!」なんて言わないでくださいね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/22 Thu  後藤田正晴先生

昨日、後藤田先生が死去されました。91歳という年齢でしたが、本当に惜しい方を亡くしたと思います。

後藤田先生の功績や経歴はマスコミで報道されており、皆さんも十分にご存じの事と思いますが、私にとって大変尊敬していた政治家の一人でした。

中曽根内閣で後藤田先生が官房長官、渡辺秀央先生が官房副長官という間柄で、政界引退後も両先生が親しくお付き合いをされていました。大変偉い先生ですから直接は存じ上げませんが、私の政治の師である渡辺秀央参議院議員を通じて後藤田先生の麹町の事務所に出入りさせていただいたり、ご自宅に伺ったりした事がありまして、勝手ながら親近感をほんの少し感じておりました。

まだ私が、25・6歳の時ですからいまから8年ほど前の話ですが、渡辺先生の秘書として、後藤田先生の事務所にお届け物をしたとき事でした。用もすぐに終わり、事務所の方と立ち話をしていたところ、後藤田先生が部屋から出てこられ「ご苦労さん」と声を掛けていただいたのです。

かみそり後藤田といわれていたので、目があったときは緊張しましたが、優しい声で労われていたく感動したのを今でも覚えています。好々爺という言葉がまさにピッタリでした。お孫さんをいたく可愛がられていることも、後から聞いて妙に納得したものです。
直接接したのはこれだけでしたが、大変大きい存在として尊敬をし、新聞に記事が載ると必ずそれを見るようにしていました。

やみくもな対米追従や国際貢献とうい名の自衛隊の海外活動の拡大に対する警告等、最近の政治に対する先生の危機感をよく口にされていました。先の衆議院選挙後も、マスコミや国民に対して、もっと冷静になるようにとテレビでコメントされてました。この危機感をしっかり受け止めなくてはならないと思います。

「このままじゃ日本は地獄におちるよ。おちたところで目を覚ますのかもしれないが、それではあまりに寂しい」

後藤田先生の重みのある言葉を胸に…
ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/20 Tue  委員会デビュー

順序が逆になってしましましたが、先日15日に私の所属する「都市整備委員会」が開催されました。
理事会で今定例会に提出される事務事業や報告事項についての説明や、委員会の運営について協議を行い、午後1時からはじめての委員会質問、委員会デビューの日です。

そんな中でも気付いた点をいくつかご報告いたします。
まず驚いた点は、委員会室でタバコが吸える事でした。当委員会では吸う人と吸わない人を半分に分けてうまい具合に分煙?する事ができました。ちなみに区議会では完全禁煙でした。

次には、委員会質問も事前に届け出なくてはならないと言う事です。委員会の所要時間の管理と答弁漏れが無いようにする理由でそうしているというのですが...
私見ですが、これは悪い慣習だと思うのです。今回私は新宿6丁目(三菱製紙工場跡地)再開発について質問をしました。担当の課長さんと時間を掛けて打ち合わせをしたのですが、なかなか良い答弁を引き出すまでにはいきません。私の意見はご理解いただけたのですが、公式の答弁となると検討するとか努力するという内容のないものになってしまいます。これでは実質の議論の場である委員会の意味が無くなってしまいます。
更に悪いのは、共産党が40分の質問をやると理事会で表明したときに、与党議員から強いブーイングが出た事に象徴されるように予定時間まで事前に申し合わせることによって、質問がしにくくなる事です。ある自民党委員が委員会の質問中にも事務局に「いまどれくらいだ?」と聞いて「30分くらいです」とのやり取りの後、「おいおいもう時間がないぞ!」「いつまでやってるんだ!」とヤジがありました。これは、与党議員の仕事は共産党の質問から役所を守る事だと言わんばかりの象徴的な出来事でした。確かにいつも同じことを言っているのはわかりますが、この悪習は直していかなくてはなりません!
答弁から思わぬ事実が出てきて、意外な方向に質問が及ぶ事も大いにあり得ますが、その時にも議会自らが時間制限を設けている事になり、議会の自殺行為としか言いようがありません。
そんな怒りを感じつつのデビューでした。

夜には課長以上の皆さんとの懇親会でした。個別に話すと優秀で面白い人達なんだけどな…
複雑な気持ちで電車にゆられながら帰りました。
見える壁、見えない壁さまざまな障壁をぶっ壊す決意を新たにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/15 Thu  直訴 4

民主リバイバル・プラン

1、 この選挙の敗因を検討するために
(1) 敗因を検討する外部検討委員会の設置
(2) 今回投票に行った有権者と民主党代表との対話集会
(3) 若者による民主党評価委員会の設置

2、 次の選挙に向けて戦略を立てるために
(1) 世論調査室の設置
(2) 民主リバイバル・チームの設置
(3) 広報機能の強化

3、 若手のアイデアを活かすために
(1) 地方議員対象のアントレプレナーシップ制度を導入
     → 若手地方議員に党改革・新企画を発案させ、
       実行させる仕組みづくり

4、 対案を常に作り続けよう

5、 教訓を活かすために
(1) 落選候補者への敗因アンケート・ヒアリング

6、 党員・サポーターの声が党執行部に届く取り組みを

ぜひ皆さんのご意見もお聞かせ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/15 Thu  直訴 3

この「リバイバル・プラン」は、そのために私たちが考えた、民主党の党改革に向けた提案です。国民と直接つながり、民意と直結しながら、自らのメッセージを形成していく、そのための仕組みを提案させていただいています。
私たちの行動を「生意気だ」とか「スタンドプレー」と言う人もいるかもしれません。しかしこれは、維新の志士の如く、「草莽屈起」の志を持ち、「民主党を何とかしなければならない」との強い思いに駈られての、やむにやまれぬ行動です。この思いをぜひ受けとめていただき、民主党再生のために生かしていただきたいとお願いいたします。
民主党が変わらなきゃ、この国は変わらない。
だから、変わらなきゃ、民主党。
私たちの手で、民主党の、そしてこの国の未来を作りましょう。よろしくお願いいたします。

 平成17年9月15日   
若手地方議員有志 代表 
東京都議会議員 柿沢 未途

(有志議員一覧)

柿沢未途(東京都議会議員)
花輪ともふみ(東京都議会議員)
酒井大史 (東京都議会議員)
初鹿あきひろ(東京都議会議員)
増子ひろき(東京都議会議員)
野上ゆきえ(東京都議会議員)
松下玲子(東京都議会議員)
伊藤まさき(東京都議会議員)
原田大(東京都議会議員)
伊藤ゆう(東京都議会議員)
成沢ひろのぶ(文京区議会議員)
山本一仁(文京区議会議員)
岡野雄太(渋谷区議会議員)
稲垣雅由 (世田谷区議会議員)
平島好人(中野区議会議員)
鈴木烈(葛飾区議会議員)
早川久美子(葛飾区議会議員)
新井よしなお(町田市議会議員)
富田竜馬(東久留米市議会議員)
佐藤としのぶ(板橋区議会議員)
鈴木けんぽう(渋谷区議会議員)
井上耕志(調布市議会議員)
小山有彦(府中市議会議員)
三葛篤志(国分寺市議会議員)
川北直人(江東区議会議員)
山村としつぐ(品川区議会議員)
奥田けんじ(中野区議会議員)
田中けん(大田区議会議員)
土屋克彦(目黒区議会議員)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/15 Thu  直訴 2

以下が代表に手渡した檄文です!

民主党代表 岡田克也 様

変わらなきゃ、民主党。
~若手議員からの直訴状~

民主党は、衆院選で敗北を喫しました。とりわけ都内の小選挙区では1勝24敗という深刻な敗北を喫するなど、今まで支持してくれた都市部の有権者に支持されませんでした。最前線で選挙戦を戦った私たちとして、きわめて残念な結果であると思います。
しかし、この敗北を、誰か他人のせいにすることはできません。民主党として、この敗北の意味をかみしめ、新しい民主党として再スタートの決意を見せなければ、今後、民主党に未来がなくなってしまいます。私たち若手議員は、その危機感を強く感じています。
多くの心ある有権者は、民主党に期待しています。有権者は民主党の持つ「可能性」に、大きな期待を抱いてきたのです。その期待に応えられるような新しい民主党の姿を示し、明確なメッセージを発信できれば、民主党はかならず生まれ変わることができるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/15 Thu  直訴

今、次の代表を誰にするのか民主党は揺らいでいます。
しかし、なぜこれほど負けたのかという選挙の総括が全くできていなく我々若手の地方議員の間では不安と不満が充満しています。
そこで、今の危機的な状況を座して見ていられない!という事で、若手都議を中心に42名の地方議員が行動を始めました。
本日両議院総会の前に、以下の檄文を持ち岡田代表に直訴をしたのです。私は議会日程で参加はできませんでしたが、次の執行部に責任を持って引き継ぐとの回答をいただけました。

17日の代表選挙の時も会場でビラまきや街頭活動をやる予定です。若い血を滾らせ民主党を盛り立てて行こうと思っています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/13 Tue  小泉マジックの意外な数字

連日の選挙報道に嫌気がさしている今日この頃です(笑)

今日は都議会民主党の総会がありましたので、高砂での駅頭を終えて家でシャワーをあびて、都庁に行く前新聞を何気に見てました。
480名の衆議院議員の顔ぶれやら、民主党の次期代表が誰になるのかなどの記事を見て、今回の選挙結果がいかにひどかったのか改めて再認識をし、朝から暗い気分になりました。そして深いため息をつき新聞を閉じようとしたところ、「小選挙区選党派別の得票数・率」という記事が目に入ってきました。

その記事によると、
自民 32518389票 47,8%(前回43,8%) 議席率 73%(56%)
民主 24804786票 36,4%(前回36,7%) 議席率 17,3%(35%)との事。

得票率で自民は4%の上積み民主は前回並みながら、議席率では圧倒的差が出ております。小選挙区制度の恐ろしさをあらわす数字ではありませんか!たった4%の差がここまで選挙結果に作用しているのです。

民主の大惨敗と思いきや、いやいや有権者は前回並みに民主党をちゃんと応援していただいていたのです。だからといって単に制度のせいにして、何も反省しなくても良いとはおもいませんが、大変心強い事実であります。

最近人に合うと、今回の選挙結果に違和感があるとの意見を多く聞きますが、これでその理由が分かりました。

気分一新で頑張れば次こそ!!!
明日も綾瀬の駅頭頑張るぞー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/12 Mon  大惨敗!

短いようで長かった選挙も我が民主党の議席激減という形で有権者の審判が下りました。

結党以来、一貫して議席を増やし続けていましたがこのような形ではじめての敗戦を体験するとは思いませんでした。残念でならないですが、11月の区議区長選がありますので、気分をすっかり変えて頑張ろうと思います。

いろいろな事があった選挙でしたし、腹に据えかねる事もありましたが、敗戦の後ですししばらく時間をおいて、ここで心情を書きたいと思います。

反省すべき点をきちんと反省し、また新たなるスタートを切りたいと思います。
民主党と錦織さんにたいして、応援していただいた多くの方々に対して心から感謝し、お詫びを申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/10 Sat  終了!

しばらく書き込みできませんでスイマセンでした。

今日8時を持ちまして、衆議院議員選挙が終わりました。
といっても結果はまだ出ておりませんが...

12日間の選挙戦で本当に多くの方々より暖かいご声援をいただいて感激しております。新聞やテレビなどの報道によれば、自民党が圧勝するとの事ですが、街の反応はかなり良くて全く結果が予想できないです。

結果はともあれ、一人でも多くの方々の参画で、この重要な選挙に対し、国民の判断を下して欲しいものです。
明日はぜひ皆さん投票所に行って下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/31 Wed  サイン

今日は選挙2日目。元気に街宣活動をしてきました。街の反応もかなり良く、手応えを感じました。

夕方青砥駅で夕立をしていたところに、原動付自転車(原チャリ)に乗った若者が私の前で止まり話しかけてきました。文句を言うのかなと、身構えていたら以外にも「サイン下さい!」との事。

「えっ!」と思い、「誰の?」と聞くと。
「まさきさんですよね?」と私のサインが欲しいと言うではありませんか!

字がヘタな事では誰にも負けないとの強い自負をもっている(笑)ので、戸惑ってしまいました。ましてやその手渡されたサイン帳には、綺麗に「友愛 鳩山由紀夫」とあるではないですか!

何でも名前が私と一字違いで正樹も同じ字という事で、前から知っていて応援もしてくれていたと言う青年のお願いを断る事も出来ず、恐る恐るサインをしました。

「字も僕と似てます!」「なんか、僕が勝手に書いたと友達に疑われちゃいそうです(笑)」ともう言われっぱなし…

最近、書道をサボっているツケが出てしまい、反省しましたが、もう遅いです。「ヘタでゴメン!」と平謝りでしたが、「ありがとうございました。頑張って下さい!」と爽やかな後ろ姿を見送りました。なんとなくフクザツな気分で。

正樹君 今度サインするときまでに、しっかり字の練習しておくからね!あと1.2年して街で見かけたらまたサインを貰いに来て下さい。

政治道はキビシイ!!!
修行修行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/30 Tue  初日から…

今日から選挙が始まりました。ニュースでも各党首が日本全国で第1声を上げた模様を放送しています。決戦の火蓋は切られた!といった感じでしょうか?

我が錦織あつし候補は金町駅北口で第1声を上げました。多くの方々より暖かいご激励をいただき、順調にスタートする事ができました。

しかしいきなり酔っ払いに絡まれるハプニングがありました。良く分からない事で、一方的に絡んできて錦織候補の前に仁王立ちの状態でシツコク迫って来たのです!

私も朝の街頭で絡まれる事が年に数回ありますので慣れっこなのですが、選挙の初日の事で私もかなりキレました。(笑)
選挙の自由妨害はれっきとした犯罪ですので、毅然とした対応を取ろうと交番まで連れていったまでは良かったのですが、警察官に事情を話して駅頭に戻ろうとしたとたん!その酔っ払いが暴れだし殴りかかって来ました。

引き渡して終わりにしようとしていったのですが、警官の前での暴力行為にまで騒ぎが大きくなってしまったのです。数分で3人の刑事さんが覆面パトカーが到着し、簡単な現場検証の後、「暴力行為に対して訴えますか?」との事。もうこれ以上騒ぎを大きくしたくないので結構ですと、キッパリ返事をしてやっと解放(笑)されました。

その酔っ払いは本署に連れていかれて事情聴取されるという事でした。どれ位絞られたのかわかりませんが…

交番にいたときにタイミング悪く数人の知り合い(同級生のNさん、ご近所のWさん)に見られてしまいました。なんとなくバツが悪いです。

上記の通りですのでご心配なく!
何も悪い事してませんから!!!

追伸
亀有警察の皆さん、仕事を増やしてしまいましてすいませんでした。あと、頭にきたのでついブログに書いてしまいましたが大丈夫ですよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/29 Mon  いよいよ明日から

選挙戦がスタートします。

今日は都議選でお世話になった、岩国哲人・藤井裕久前衆議院議員の事務所に陣中見舞いに行ってきました。これでご本人が応援に駆けつけて下さった全ての事務所にご挨拶が完了しました。なかなか時間が取れず選挙の前日までかかってしまいましたが…
お二人とも党の重鎮であり、事務所の雰囲気やその体制、事前ポスターの多さ、どれを取っても「さすが!」と感じました。

でも選対の方に話を聞くと、今回はかなり厳しいとの事でした。選挙の始まる前から「楽勝です」とは口が裂けても言わないのが常識ではありますが、言葉の端々から緊張感がヒシヒシと伝わってきて改めて気を引き締めなければ!と思いました。

多数の方が、誰にどの党に投票するのか決めていないと世論調査が示していますが、さて結果はどうなるでしょうか?

もうここまで来たら頑張るしかありません!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/27 Sat  公開討論会

25日に衆議院17区(葛飾と江戸川の小岩地区)の討論会がありました。
東京青年会議所(JC)が毎回開催されている恒例行事で、私の都議会議員選挙でも行われました。当日は台風の上陸直前で大雨でしたので会場には人がまばら。その一方で私も含めて業界人(?)は各党顔を揃えていました。せっかくの各候補を比較できるチャンスなのに残念です!
そのまばらな人出に引きずられてか、議論もかなり低調だったように感じます。出された質問にしっかり答えていない事もかなり目に付き、議論が噛み合ってなくその意味でもザンネン!!(古いか…)

小泉首相と岡田代表の討論会も拒否されたようで、この選挙は政策の議論ではなく雰囲気で最後までいってしまうのかと心配です。責任ある人が出てきてしっかりと分かり易く政策の違いや中身の議論を深めてもらいたいものです。

11月には葛飾で区長選挙もあります。10月くらいに葛飾の何箇所かで、全区長候補予定者の参加のもと「葛飾をどうするのか」について真剣な議論を行う場を設けていただきたいと個人的に強く思っています。そして有権者も真剣に考えて投票所に足を運んでいただきたい。皆さんに決定権はあるのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/24 Wed  臨戦態勢!

いま錦織さんの事務所です。
街のポスターも選挙態勢になりつつありますし、駅頭もかなり騒がしくなっています。
与党も我々も候補予定者が出揃い、やっとマニフェストのなかみが話題になることも多く見受けられます。国の方針を決める大切な選挙ですから、面白可笑しい話題よりもジックリと政策を吟味して一人でも多くの方が投票所に足を運んでいただきたいと思います。
我が陣営もポスターやビラなど選挙グッズも揃い、後は公示日を待つばかりとなりました。(十分とは言えませんが…)
とにかく全力で頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/23 Tue  まさきブログを開設しました

皆さん、こんにちは。
いつも駅頭では暖かいご声援をありがとうございます。

まさきブログを開設いたしました!!

衆議院選挙でバタバタしておりますが、出来る限り更新していきたいと思います。

今後ともご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧ブログ記事について

まだご覧になっていない方に是非読んで頂きたく、今までhttp://homepage2.nifty.com/itomasaki/にリンクを張っておりました日記をこちらへアップすることにいたしました。
日付が前後して申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊藤まさきブログ移転のお知らせ

皆様、こんにちは。
民主党東京都議会議員 伊藤まさきです。

この度、伊藤まさきブログをリニューアルいたしました。
心機一転!苦手なブログに挑戦します。

これからもよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年10月 »