« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

テレビ出演のお知らせ

2月10日(金)の午前10時からテレビ東京の「TOKYOほっと情報」という番組に出演します。

都議会の提供番組で、各委員会で何をやっているのかを紹介する内容です。都市整備委員会の委員としてコメントが放映されます。すでに昨年の11月くらいに収録したので、何を話したのか忘れてしまいした。(笑)

都市整備委員会の紹介と抱負を述べております。少し緊張気味に映っていると思いますが、ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研究発表会

私の母校半田小学校の研究発表会に出席してきました。

区教委から研究指定校の委嘱を受けて、「算数・少人数指導」を研究主題として様々な視点から発表がありました。更に、教科担任制の導入や、葛西ばやしを取り入れた授業の実践についても公開授業が行われ、学校関係者や地域の方々も多く参加されてました。

今年55周年を迎える我が母校ですが、このような研究発表会が行われたのは初めてなのです。本来授業方法の研究は、常に行われる必要があるのですが、様々な事が絡まり、このような発表会が行われていなかったのはとても残念です。区内の学校で、発表会が一度も行われていない学校がまだ数校あり、区教委のより強い指導が求められます。同席していた区教委の幹部の方にお願いしておきました!

しかし、関係者の並々ならぬ努力の積み重ねで、今日の成果があった訳ですから心より敬意を表したいと思います。これを機に今回限りでなく継続して、このような取り組みをして欲しいものです。今までのことはそれとして、未来志向で日々の素晴らしい授業が行われるように、私もできる事をしっかりやって行こう!と決意しました。

後輩達も生き生きした笑顔で授業を受けていて、とても良い発表会でした。

| | トラックバック (0)

交渉決裂

今月の16日に開催された区長会総会で、今まで議論されたいた都と特別区の協議について(いわゆる主要5課題)、都側が提案していた回答が拒否されました。

平成12年の地方分権一括法により、都の内部団体であった特別区が普通自治体の位置づけを得ました。これにより対等の立場で、都区双方がお役割分担をし、行政サービスを提供する事になったのです。しかし双方が譲らず、昨年の秋に一定の結論がでる事になっていなのですが、最終的に決裂したのです。(都区双方の予算編成にも大きな影響がありますから大変な事です!)

結論から言えば、依然として内部団体と考える都と、財源と権限の移譲を求める区との溝は深く、今まで重ねられてきた協議が決裂し、次の展望が全く見えなくなってしまいました。

基本的には、地方分権を積極的に進め、身近な行政サービスは区が担うべきと考えています。そして残念なのは、今までの都区の協議が、お互いの縄張り争いに終始し、都民区民にとってどちらがサービスの提供元となる事が良いのか?という視点が置き去りにされてしまっているように見える事です。

これからの協議を慎重に見守りつつ、住民の代表である我々議会もこの問題について積極的に発言していかなくてはならないと思います。区議の経験もあるからかもしれませんが、今回の件は区側の主張に分があると思うので、分権推進派として活動していきます。

昨日、知事に都議会民主党として申し入れをしました。

http://www.togikai-minsyuto.jp/html/News/News06/060123toku.htm

| | コメント (0) | トラックバック (1)

予算

平成18年度の予算が発表されました。

最近の景気回復で法人税が伸びて、都税歳入が昨年度比5.9%増(2520億円)の4兆5028億円となり、一般会計歳入全体で6兆1720億円と5年ぶりに6兆円を超えました。

特別会計を合わせると、12兆4322億円という大変大きな予算規模となります。23日に予算復活折衝がありますが、、200億円の枠を巡り各会派がしのぎを削る事になります。なんとも桁違いの話です。

来月から始まる予算委員会で、この巨大予算に対して審議が行われます。

話題は変わりますが、一昨日のフューザーの小島社長の国会喚問は酷かったですよね!証言拒否が31回もありましたが、自らの保身に走る姿をみて、被害住民の方々が怒りの声を上げてました。国会にも問題があったのかもしれませんが、これから誰が責任を取るのか、更に不安に感じたのではないかと思います。

立法の場で、もっとしっかり検証がなされ、今後このような事が起きないように制度改革を進めてもらいたいものです。

| | トラックバック (0)

1.17

今日は阪神淡路大震災からちょうど11年です。十年一昔とはよく言ったもので、あの惨事の記憶も若干遠く感じられます。

あれから防災計画の改定や、自衛隊を初めとして国の機関との連携強化、法令の改正等が行われました。避難所となる防災公園の整備も、進められ皆さんの街にも様々な変化があったと思います。

私自身も、あの震災が切っ掛けで消防団に入団しました。ですから、この日をむかえると気持ちを新たにします。皆さんも、ぜひ自分や家族の身を守る為に、何らかの心構えと準備をしてください。

そして、今日の午後には、昨年から大きな問題となっている耐震強度偽装関連でヒューザーの小島社長が喚問されます。建物に対する安心を著しく損ねた一連の事件の真相を明らかにするためにも、被害にあった方の救済のためにも、本当の事を証言して欲しいものです。

| | トラックバック (0)

金町消防団始式

今日は私が所属しています、金町消防団の始式(はじめしき)がありました。

阪神淡路大震災の翌年に入団して依頼毎回出席しています。これがあるといよいよ本格的に活動を始めないと!といった気持ちになります。

すでに正月気分はすっかり抜けていますが、これに出席すると気持ちが引き締まるから不思議です。東京消防庁のトップである関口消防総監も臨席した今年の式は、いつも以上にキリリと緊張感があり余計にそう感じたのかもしれません。

我が消防団の管轄地域においての火災発生状況は、回数も消失面積も共に減少しており、年末の特別警戒を初めとした活動の成果の現れとの報告もありました。今年も消防団活動を通して、区民の生命と財産を守る為に頑張ろうと思います。今月に区の消防団運営委員会にも任命されますので、そちらもしっかりやっていく決意です。

夜は第九分団の新年会で決意を表明して、今日も新年会のハシゴです!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年は選挙が無いので、落ち着いてじっくりと議会活動に専念したいと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »