« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

不規則発言は人気のバロメーター?

「不規則発言」をご存知ですか?議会用語でいわゆる「ヤジ」の事です。

今日の本会議で、我が会派を代表して、柿沢未途政調会長が代表質問をしましたが、あまりの不規則発言の多さにビックリしました。

約1時間に渡って、オリンピック招致問題や環境問題、雇用対策、文化政策など都政の課題に対して、会派としての考え方を示して堂々と質問をしました。その内容は立派なものでしたが、柿沢議員が冒頭にオリンピック問題に触れるなり、「文句を言うなら反対しろ!」だとか「○○党とおなじだ!」といった、およそ議論の府とは思えない、超低レベルの不規則発言が次々と発せられてました。

他の会派の議案に対する賛否や行政に対する姿勢について、勝手にレッテルを貼って喜んでいる事にとても残念に思います。しかし怒りとともに感じた事は、何か新しい事をやる為には、様々な軋轢が必ずあるという事です。柿沢議員は、今まで議会で新しい提案や行動をしているので、恐らくその反動なのでしょう。

このヤジの多さも、その人気(!?)のバロメーターと思って頑張ってもらいたいです。当然私も負けじと頑張りますけど!それにしても違う考え方を認められないというのは、議会としての死を意味する事だと思いますが、それも今の都議会の偽らざる姿ですから、ご報告しておきます。

今日も一日中お詫びの会見を開いて、だらしないわが党の姿を晒していますが、都政では地道にしっかりとやっています。私の所にも、激励やお叱りの電話があり、世論の厳しさをヒシヒシと感じでいます。だからこそ我々が踏ん張らなくてはなりません。

| | トラックバック (0)

まさき3号登場

個人的な事でスイマセン。

すでに、私のトレードマークとなっている(?) 原チャリ(いわゆる50CC バイク)の3台目が今日納車されました。

今まで乗っていたシルバーのまさき2号は、4年間の長い期間、議会へ行く時、選挙前に街にポスターを貼る時、文字通り「雨の日も風の日も」、私の足として活動を支えてくれた名車でした。転んでできた前面の目立つキズ(やったのは他人ですよ!)を見て、買い替えたほうがよいとよく言われていたのですが、いつも一緒に活動していた思い出と思い入れがあり、手放す気にならなかったので、修理しながらだましだまし乗っていました。

しかし、先月から調子がとても悪くなり、とうとうエンジンが掛からなくなってしまいまして、修理しようか迷っていましたが、思い切って買い替えました。

3台目にして、初めての新車という事もあり、まだ慣れませんが、大事に長く乗ろうと思っています。黒のボディーで精悍な外見も、とても気に入ってます。

街で、重そうなイカツイ男を乗せている黒い原チャリをお見かけの際は、頭にチョコントのっているだけのヘルメットではなく(頭が大きすぎて入らないんです…)、3代目に注目して下さい(笑)!

| | トラックバック (0)

都議会スタート

今日、平成18年度予算をはじめ予算案34件、条例案90件などを審査する第1回定例会がスタートしました。

知事の施政方針表明や警視総監の治安状況報告等がありました。

施政方針では、オリンピック招致、都市基盤整備、環境政策、災害対策などについて知事の基本的な考え方が示されました。利己主義やご都合主義を排し、日本人としての「志」を取り戻そうという思想が、いかにも石原さんらしい内容でした。

治安状況報告では、全般的に治安情勢が回復している事が報告されました。少し驚いたのは暴力団対策のところでした。昨年1年間で約7000人もの検挙された暴力団構成員等がいたと言う事実です。一体東京にはどれくらいの構成員がいるのでしょうね?

大企業を中心に業績も良くなっているようですし、治安状況も回復していますけど、良くなってきたと感じはじめている時が、一番大切な時だと思います。気を抜かずに政治としての役割を果たして、この明るい兆しを本物にしてきます。

| | トラックバック (0)

ご無沙汰でした

長くこのブログの更新を怠っておりましたが、元気でやってます。

2月は、人間関係やら本当にいろいろな事がありまして、正直精神的に辛い日々でした。 帰るのが遅くてなかなかブログを書く気力すらなかったのですが、久々にこの時間にパソコンに向かうことが出来ましたので更新します。

新年会シーズンがやっと終わって一息と思っていたのですが、明後日22日から都議会第1回定例会(3月30日まで)がはじまります。

4月からの介護保険の改定やら東京オリンピックの招致問題やら、大きな争点となり得る問題が山積です。予算委員会の委員ではありませんが、当選後初めての予算の審議を楽しみにしています。

途中経過はここでご報告します!

| | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »