« まさき3号登場 | トップページ | オリンピック招致 »

不規則発言は人気のバロメーター?

「不規則発言」をご存知ですか?議会用語でいわゆる「ヤジ」の事です。

今日の本会議で、我が会派を代表して、柿沢未途政調会長が代表質問をしましたが、あまりの不規則発言の多さにビックリしました。

約1時間に渡って、オリンピック招致問題や環境問題、雇用対策、文化政策など都政の課題に対して、会派としての考え方を示して堂々と質問をしました。その内容は立派なものでしたが、柿沢議員が冒頭にオリンピック問題に触れるなり、「文句を言うなら反対しろ!」だとか「○○党とおなじだ!」といった、およそ議論の府とは思えない、超低レベルの不規則発言が次々と発せられてました。

他の会派の議案に対する賛否や行政に対する姿勢について、勝手にレッテルを貼って喜んでいる事にとても残念に思います。しかし怒りとともに感じた事は、何か新しい事をやる為には、様々な軋轢が必ずあるという事です。柿沢議員は、今まで議会で新しい提案や行動をしているので、恐らくその反動なのでしょう。

このヤジの多さも、その人気(!?)のバロメーターと思って頑張ってもらいたいです。当然私も負けじと頑張りますけど!それにしても違う考え方を認められないというのは、議会としての死を意味する事だと思いますが、それも今の都議会の偽らざる姿ですから、ご報告しておきます。

今日も一日中お詫びの会見を開いて、だらしないわが党の姿を晒していますが、都政では地道にしっかりとやっています。私の所にも、激励やお叱りの電話があり、世論の厳しさをヒシヒシと感じでいます。だからこそ我々が踏ん張らなくてはなりません。

|

« まさき3号登場 | トップページ | オリンピック招致 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不規則発言は人気のバロメーター?:

« まさき3号登場 | トップページ | オリンピック招致 »