« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

事務所開設

念願だった事務所が本日開設されました。昨年から事務所を探していて、地元金町でたくさんの物件を物色してきましたが、なかなか条件に合うものがなくて今日になりました。駅前にあった総支部事務所がなくなってから、「金町を捨ててどこかに行ったの?」などいろんなご心配の声が方々から聞こえてきてまして、本当はもっと早く開設したかったのですが…

この事務所は「伊藤まさき事務所」「民主党東京都葛飾区支部」が同居(?)していますので、ここを拠点に政治・政党活動をしてまいります。今までのご心配の声にきちんと応えていくつもりです!

でも、人が常駐しているわけではございませんので、ご用のあるときは事前に連絡を下さい。駅から徒歩3分ですから、ぜひ近くに来た時にはお気軽にお立ち寄り下さい。

葛飾区東金町1-19-6 アーバンコート201

電話 3609-7386(いままでと同じです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

列車事故

107人が亡くなり555人が重軽傷を負った尼崎市のJR福知山線脱線事故からちょうど1年がたちました。

事故原因は様々ですが、大きな要因として経済効率化を図りすぎたため、安全対策が不十分であった事だといわれています。

昨日も山手線で5時間半にわたり不通となる事件もおきていますし、航空機事故も船舶事故も最近たいへん多いです。いずれも行過ぎた経済効率化が原因です。事故が起こると再発防止が言われますが、本当に再発防止が適切に行われているか疑問です。

安心して通勤通学できない世の中にしてはなりません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当選御礼

千葉7区の補欠選挙ですが、僅差で民主党の太田候補が勝利しました。

新体制の緒戦に勝利した事は、今後の政局に大きな影響がでるでしょう。大変意味のある勝利です。はじめはとても戦いにならないと思われていましたが、良識ある有権者の判断の賜物です。

今回の勝利は、おそらく現政権の行き過ぎにブレーキをかけ、崩壊寸前だった野党第1党の民主党にきちんと役割を果すことに期待をする判断だと思います。巨大与党に対して弱い野党ではいけないとの危機感の現れと私は思います。この結果に驕る事なく反転攻勢に転じるべきでしょう。

太田和美  87046票                                   斎藤健   86091票

以上の結果を見れば本当に僅差での勝利ですから!

多くの方からのご支援に心より感謝申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉7区補選に行ってきました

行こう行こうと思っていながら、なかなかタイミングが合わずに行っていなかったのですが、今日太田かずみ候補の応援をしてきました。

お昼から夕方までの短い時間でしたが、事務所にも若い人が多く集まっていましたしなかなか勢いの感じられる事務所でした。

主に電話掛けをしてきましたが、反応も上々で手応えを感じました。ただ相手陣営もかなりの危機感を持って、巻き返しを図っていて状況は厳しいと思います。

小沢代表も今日応援に来ていましたし、各党の大物も今日明日と応援合戦を派手に繰り返すようです。最後までわからないのが選挙ですから、私も明日夜の駅頭に参加をしようと思います。

大変注目されて選挙選ですので、選挙区の方には是非とも投票所に行っていただきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

党員・サポーター募集中!

5月31日を締め切りとして、民主党党員・サポーターの定時募集を行っております。

国会でのゴタゴタで募集どころではありませんでしたが、ここに来て複数の方々から入党希望のご連絡をいただいております。小沢新体制への期待なのか、これ以上わが党がダメになる事の危機感なのか分かりませんが、今までにない状況です。

本来、総支部(国政の現職または候補予定者が代表)の仕事なのですが、いま地元に総支部がないので、私が代表の葛飾区支部にその仕事がまわってきているのです。正直気の進まない仕事だったのですが、最近やる気を出しています!(笑)

ここでも募集のお知らせをした次第です。ぜひご希望の方はご一報下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政界再編

こんな新聞報道がありました。

<菅直人氏>石原都知事は「ヒトラーのよう」 講演で批判
(毎日新聞 - 04月15日 18:20)

 民主党の菅直人代表代行は15日、仙台市で講演し、東京都の石原慎太郎知事について「石原氏の目指す政治は、もしかしたらヒトラーのような自分の理想を権力で実現したい政治だ。権力を持つほど使い方を考えるのが(政治の)原点だ」と述べ、政治姿勢を批判した。石原氏は民主党の小沢一郎代表について「私は彼を評価しません」と述べ、菅氏についても「薄い感じがした」と酷評しており、菅氏が反撃した形だ。【須藤孝】

千葉7区の補選もかなり良い戦いになっているようですし、何かが大きく動いているような気がします。

9月の自民党総裁選、そして民主党代表選、その後の衆議院での首班指名と政治が熱い!!

でも問題は皆さんは少し引いて見ているように感じます。地元でいろんな方の話を聞くと、政党間の政治的な争いよりも、景気や安全についての具体策、政策論議をすべきとの意見が強いと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京都職員I類採用試験

今年のI類(少し前までは上級)採用試験の申込状況が今日発表されました。

(単位:人、%)
種類職種18年度17年度増(△)減
I類 事務 5,694 6,250 △556 △8.9
技術 827 991 △164 △16.5
(4試験区分) (4試験区分)
専門 1,173 763 410 53.7
(8試験区分) (6試験区分)
獣医 79 (募集なし) 79

100.0

合計 7,773 8,004 △231 △2.9

                             (都HPより抜粋)

昨年よりもI類事務職で556人(8.9%)の減少となっている事が、今年の特徴です。いろんな要素は考えられますが、大企業の新卒採用が軒並みに増えている事が減少した理由でしょう。減ったと言っても、260名程度の採用枠に対し5694人の応募で倍率は21.9倍とかなりの難関である事には変わりがありませんけど。

これだけの高いハードルを越えた職員は、優秀である事は間違いありませんが、どの類での採用かによってその後の道は大きく違ってきます。例えば本庁の主任になるのに、I類は最短で5年、Ⅱ類で7年、Ⅲ類になると9年かかります。スタート時点でこれだけの差がある訳ですから、その差は歴然です。

課長職の民間からの採用など様々な人事制度の改革はやっているようですが、この壁は依然として存在しています。採用試験の出来によって、一生のコースが決定されてしまうのは、組織の形骸化を促進してしまう恐れがあります。理想は、実際の仕事ぶりやいかに公僕(もはや死語?)としての資質があるかによって処遇される事です。能力と情熱のある有為な人材を活用できる人事制度の構築は、今後の都政の重要問題です。

政治家の世界も、依然として当選回数によって役職が決められるのが一般的ですから、役人の人事制度についてあまり大意張りできませんけど…(笑)

でも、われわれ都議会民主党は、当選回数至上主義から脱却しつつあります。なんせ現執行部は全員2期生と1期生ですから!(ちなみに5期1人、4期1人、3期2人がおられます)

委員長だろうが議長だろうが、私にとってそんな役職なんて目標ではありませんので、関係ありませんけどね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衆議院千葉7区補選

いよいよ今日から千葉7区の補選がスタートしました。5人が立候補の届出をしたようです。わが党の公認は太田かずみさんという、若干26歳の前県議です。同世代としても頑張って欲しいと思いますし、小沢体制となってはじめての選挙ですので、その結果が注目されています。

今までの逆風を跳ね返して、ぜひ結果を出して欲しいと思っています。この状況で立候補を決意した勇気あるチャレンジャーに心からエールを送ります。

23日が投票日ですが、来週あたり応援に行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

小沢代表に決定

本日3時から、両院議員総会で代表選挙が行われ、小沢さん119票、菅さん72票という結果で小沢さんが新代表に選ばれました。

今回は真打同士の一騎打ちということで、その結果が注目されておりました。結果は47票差で小沢さんが勝利を収め、私としては旧自由党の出身ですので、嬉しい結果です。

しかし、いままで代表代行として党の要職にありながらも、党の運営に非協力的だった事はいただけません。メール問題の時も、もう少し何か動きがあっても良かったのではないかと残念に思ってます。この事が、今後小沢執行部の足を引っ張らないことを願っています。

これで一応状況は良くなるとは思いますが、9月あたりに何やら大きな政変があるような、そんなキナ臭さを感じています。

「より良い明日のために、かけがえのない子どもたちのために、私自身を、そして民主党を改革しなければなりません。まず私自身が変わらなければなりません。そして皆さまに支えていただきながら、民主党を改革し、そして日本を改革しようではありませんか。私はこの戦いに政治生命の全てをつぎ込んで、ひたすら目標に邁進し続けることを皆さまにお約束いたします。
皆さまのご理解とご支持をお願いいたします。有り難うございました。」

これは投票前に行われた小沢さんの政見表明の抜粋です。この言葉が現実のものとなるように願うと共に、私も党の一員として気を引き締めて行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

代表選挙

久々にわが党が悪くないニュースでマスコミに取り上げれていて嬉しいです。

いよいよ明日の午後に投票をむかえる訳ですが、どちらが当選するのでしょうか?小沢さんにしろ菅さんにしろ、代表として強いリーダーシップを発揮できる方である事は、間違いありません。

一時、小沢さんが圧倒的と言われていましたが、菅さんが猛烈な追い上げで五分五分というところのようです。私もとても気になっていますので、今日国会に行って取材?をしてきてそう感じました。

「10票差で小沢リード」なんていう説もありましたが、多くの国会議員が依然として態度を決めていない中で、予断を許さない状況です。

選挙は投票箱の蓋が閉まるまで分からないですから、今夜から明日の午前にかけてギリギリの多数派工作が行われるのでしょうね!

どんな結果になるにせよ、いい加減に党の態勢を整えて、失われた時間と信頼を取り戻したい。そんな気持ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青年委員会設立

民主党東京都連青年委員会

   キックオフミーティング(設立総会)のお知らせ

「青年時代には、不満はあっても悲観してはならぬ。つねに抗戦し、かつ自衛せよ。」

魯迅の言葉です。民主党は今、内外から、さまざまな批判にさらされています。私たち若手こそ、不満はあっても悲観はせず、私たちなりの理想と主張を持って、前へ前へと突進していく責務を負っているのではないでしょうか。

そこで、と言う訳でもないのですが、来たる4月8日、民主党東京都連所属の若手議員で作る青年委員会の設立総会を開催いたします。これからの民主党を担う若手議員たちが集まり、民主党に期待を寄せるワカモノたちとともに、民主党の明日に向けて気勢を上げたいと思います。

来年4月の統一地方選挙に向けて、民主党東京都連がスタートさせる政治スクール「民主党大学東京」の実施概要について、プレゼンテーションも行います。民主党東京都連の候補者養成機関として、青年委員会が事務局となって、多くの皆さんの参加を得たいと考えています。

なお当日は、前原代表にもご来場をいただきます。せっかく前原代表に来てもらうわけですから、私たちが今の民主党に感じている問題意識を、直接、ぶつけたいと思っています。

できれば、菅直人代議士の「団塊党」に向こうを張って、若い世代による「ワカモノ党」の決起集会としたいと思います。血気盛んなワカモノよ、民主党の旗の下に集まれ!よろしくお願いいたします。

日 時:4月8日(土)13:3017:30

13:30~14:00 青年委員会設立大会 

14:15~14:45 政治スクール「民主党大学東京」プレス発表

15:00~15:40 代表とのトークバトル

15:45~17:30 設立パーティー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高砂駅の踏切

3月17日の都市整備委員会で質問した高砂駅踏切の安全対策について、動きがありましたのでご報告いたします。既に発表がありましたが、第2号踏切(小岩よりの小さい踏切)の自動化と拡幅、さらに第1号踏切の自動化の検討が決定しました。
 高砂駅の踏切対策は、その実現が強く求められていますが、操車場の問題や財政上の問題など高いハードルを越えなくてはなりませんので、完全な解決までにはかなりの時間が掛かると思われます。しかし、平成22年に予定されている成田新高速の開業で、踏切問題の深刻化が予想されますので、長期対策と短期対策に分けて進めていくべきといった内容の質問でした。
 今回の決定は、いずれもその短期対策としての整備です。先月30日の始発より実施されております手動式から自動式への変更にあたっては、警報時間制御等の改良により遮断時間の短縮にも努めるともされております。拡幅の方も、今年9月頃の完成を目指して工事が行われます。そして既にエレベーター設置が済んでいるとはいえ、まだ対策が必要な第1号踏切についても、自動化が検討をされていますので、利便性がより向上するのではないかと期待しております。恐らく短期対策としては、これが精一杯なのではないかと思いますので、とにかく素早く実現させる事が重要です。
 しかし、連続立体化の実現がなければ、解決とはなりません。現状に満足することなく一日も早い完全解決に向けて、葛飾区や京成とも協力してまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日、水元公園の桜を自転車に乗って観にいきました。

十数年ぶりに、公園の中を隅々まで走ってきましたが、昔と変わらず豊かな水と緑がそこにはあり、とても気持ちよく散策してきました。

桜も満開で、大変大勢の人が宴会を賑やかに、あちらこちらで繰り広げています。道の違法駐車が少し気になりますが、ベロベロに酔っ払って他人に迷惑を掛けている人もいませんでいたし、和やかな雰囲気でした。普段は水元公園に行きませんので、改めて地元の魅力も感じてきました。

桜は短期間で花を咲かせ散るところに、魅力を感じますけど、人生も同じかもしれません。良い状況と思って調子に乗ってやってると、ちょっとしたミスでとんもなく悪い状態に追い込まれる。特にここ最近は、身に染みてます(笑)!

美味しいことで有名な近くのうなぎ店で遅いお昼を食べて帰って来ました。久々にゆっくりと休日を満喫した1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »