« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

高校履修不足2

本日、東京都内の11の私立高校で新たに問題が発覚しました。

236校の全私立校に対して調査をして、234校から回答を受けての事です。該当生徒数は1862人に上り、中には5単位(175単位時間)の不足の生徒が42人もいるとの事です。(31日午後3時現在)

都立高校でも先日、同様の調査が行われましたが、問題がないと報告を受けております。都教委では11月中には実地での調査をする事になっていますが、どこまでこの問題が拡がるのかとても心配です。

27日の決算委員会で、1、生徒への救済策 2、真相究明 3、高校教育の抜本改革 以上3点を要望しましたが、とにかく早急に実態把握をすべきでしょう。

いじめも社会問題化していますが、いじめがあったかなかったかで二転三転して無責任さを露呈しています。臭いものにフタをして、嵐の過ぎるのを待っていてはなんの解決になりません。この2つの問題には、教育委員会の体質とシステムの欠陥が見え隠れしていると思います。

まず、現実を正確に把握して、対策を立てるという当たり前の感覚を取り戻す事から、始めければならないのでしょうか?

受験生に残された時間は少ないというのに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校履修不足

日本全国の高校で、学習指導要領に定められている必修科目を受けていない事が問題になりつつあります。

都でも今朝の段階では、「ありえない」との事でしたが、夕方には一部の高校で履修不足の事実が明らかになりました。

明日の決算特別委員会の準備を控室でやっていましたが、このニュースを受けて準備は一先ず置いて、政調会のメンバーとして情報収集に当たりました。都教委も、大混乱でなかなか都からの情報が上がってこない中、やっと7時半を過ぎて第一報が入ってきました。

しかし、その情報も到底十分なのもではなく、現状把握は今でも出来ていない状況です。200以上の高校がありますので仕方ないのですけど…

いずれにしても、明日の決算委員会でこの問題に触れようと思っています。詳しくは11月2日に予定されている文教委員会で質疑したいと思います。

個人的な事ですが、私が都市整備委員会にいるときに、「耐震強度偽装問題や「シンドラーエレベーター問題」が起き、今度文教委員会になった途端「国旗国歌問題」とこの「高校履修不足問題」です。

もしかして、伊藤まさきはトラブルメーカー!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年度予算要求

今日、各局の平成19年度予算要求を受けました。

一般会計予算の各局要求総額は、6兆1981億円で18年度に比べて261億円、0.4%増となっています。今年度好調だった法人税が、来年度も続くという見通しでしょうが、さて来年はどうなるか?

今日は、財務、警視庁、産業労働、中央卸売市場から話を聞きました。来週も月、火曜と2日連続で全局から要望を聞く事になっています。

伸び率で特筆されるのは、東京オリンピック招致本部の要求額23億8千万円(前年比14億4千万円、153%増)と、選挙管理委員会の93億5千万円(前年比70億円、298%増)です。

国内候補地として東京に決定した事を受けての事ですが、基金1000億円を積む事も要求されていますからかなりの力の入れようです。選管は統一地方選挙と参議院選挙があるのでこのような額が提示されています。

また警視庁関係では、来年度より葛飾でも違法駐車の取り締まりが民間開放される事です。既に9区で実施されていますが、いよいよ葛飾でも実施される予定です。

皆さんお気を付け下さい!

いやご注目下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いじめ問題

学校でのいじめが原因で、自殺をしてしまった児童・生徒のニュースを最近よく目にします。なかには、担任自らがとても酷い事を言っていじめていた例もあります。本当に痛ましい事です。こんな事で、大切な子供の命が奪われた親御さんの気持ちはいかばかりかと思います。

この悲しみを理解できないのか、物凄く酷いと思うのは教育委員会や学校側の二転三転する説明です。一体なにがあって自殺をしたのか、真相を知りたいというのは自然な気持ちだと思います。でも、訴えられる事を想定してか、マスコミや関係者に追い詰められてから、やっと本当のことを言う行政の姿勢がさらに怒りと悲しみを増幅させています。

しかしながら、こんな事を言うと怒られるかもしれませんが、自殺の責任は何も学校だけにあるわけではないので、はじめから本当の事を言うべきだと思うのです。悲惨な事になった家族の方々の気持ちは分かりますが、子供といる時間は親のほうが長いはずですし、子供が辛いと思っている事を気づけなかった事も、自殺の原因なのではないかと思います。

学校と地域と家庭が協力して、良い教育を作っていくと言われていますが、このような事態にこそお互いに協力できる関係が必要だと思います。

ちょうど、今度から文教委員会に所属することになりましたので、今後もこの問題を追いかけて行きたいとおもいます。

命を落とされた方々のご冥福をお祈りします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブログについて

最近、マスコミにおいても既存の媒体より、ブログを介しての情報が大きくクローズアップされています。匿名のモノもそうでないモノ、正確な情報もあれば悪意に満ちた不正確な情報を流すブログもありますけど。

政治家の間でも若手を中心にブログを使って有権者に対して、情報公開や活動報告を行うのは、今や当たり前の感もあります。毎日更新する熱心な人もいますし、私のように書きたい時に書く人もいますが(笑)…

しかし、時にブログに書いた事が元で、大きな事件(?)になる事も議会ではあります。数年前、区議会でもありましたし、最近の都議会でも、某若手都議の過激(私はそう思わないけど)な内容が問題視され、役職を降りた(降ろされた)事件が起きています。嘘を書いてはいけませんが、個人の見解を自身のブログで書くことは、自由でなければなりません、表現内容が気に食わないと言って、圧力をかけるのは本当に問題だと思います。

我々は公人ですから、いくら個人的な見解と言ってもネット上で情報発信された以上、責任を取らなければならない事も事実上あります。しかし、それを恐れて萎縮してしまうのは、しがらみが無く自由にモノを言う事を本分と心得ている政治家にとって致命的に成りかねません。

先日、私のこのブログが某議会で利用された事を、関係者から聞きました。特に大きな問題とは、ならなかったようですが(今のところ)、どこでどう政治利用されるか分からない事を改めて認識しました。

「とうとう私にも」という思いですが、細心の注意も払いながらも出来るだけ生の情報を、皆様に知っていただくために頑張っていきます!情報の受け手と送り手の問題という、厄介な問題はありますが、これまで同様、萎縮せず伸び伸びと、そして気ままにやって行きます。

こんな事を言うのも何ですが、このブログも意外に多くの人が見てくれていたんですね!(笑)これからも楽しみにして下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

再会

                                                                                                                                                          前総支部会長のCimg0208_9錦織あつしさんの秘書として活躍していた、矢農君が事務所に遊びに来てくれました。

矢農君は、来年4月の苫小牧市議会議員選挙に向けて活動しています。約1年振りの再会だったのですが、少し見ないうちに逞しくなったように思いました。地域の方々に暖かく迎えられ、順調に活動しているよう で、私としても大変楽しみです。なんでも、住んでいる町会の幹部の方から、「ぜひ将来の町会長に!」との声もあるようです。

顔の表情も明るく、どことなく自信にあふれていて頼もしく思えます。まだ27歳の矢農君ですが、今まで様々な経験を積んで来ています。来年、しっかりと結果を出して、苫小牧市民の為に働いて欲しいものです。

真剣に活動し、地域の様々な問題に真正面からぶつかっている姿に、私も政治を志した時の原点を思い起こしました。「初心忘るべからず。肝に銘じます!

やの誠HP

http://www.yanomakoto.jp

| | コメント (1) | トラックバック (1)

品川区補欠選挙の応援

Sany0074_1

昨日、品川区議会議員補欠選挙の応援に行ってきました。

写真は、阿部祐美子さんの応援に入った時のものです。阿部さんは民主党大学東京の受講生の第一号の挑戦者ですので、応援にも力が入ります。他には稲川貴之さんと、石田慎吾さんが民主党公認候補です。定数4に9人が立候補していますので、大激戦になるでしょう。

区長選挙も同時に行われます。品川区民のみなさん、8日の投票日には、ぜひ投票所に行って下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »