« 再会 | トップページ | いじめ問題 »

ブログについて

最近、マスコミにおいても既存の媒体より、ブログを介しての情報が大きくクローズアップされています。匿名のモノもそうでないモノ、正確な情報もあれば悪意に満ちた不正確な情報を流すブログもありますけど。

政治家の間でも若手を中心にブログを使って有権者に対して、情報公開や活動報告を行うのは、今や当たり前の感もあります。毎日更新する熱心な人もいますし、私のように書きたい時に書く人もいますが(笑)…

しかし、時にブログに書いた事が元で、大きな事件(?)になる事も議会ではあります。数年前、区議会でもありましたし、最近の都議会でも、某若手都議の過激(私はそう思わないけど)な内容が問題視され、役職を降りた(降ろされた)事件が起きています。嘘を書いてはいけませんが、個人の見解を自身のブログで書くことは、自由でなければなりません、表現内容が気に食わないと言って、圧力をかけるのは本当に問題だと思います。

我々は公人ですから、いくら個人的な見解と言ってもネット上で情報発信された以上、責任を取らなければならない事も事実上あります。しかし、それを恐れて萎縮してしまうのは、しがらみが無く自由にモノを言う事を本分と心得ている政治家にとって致命的に成りかねません。

先日、私のこのブログが某議会で利用された事を、関係者から聞きました。特に大きな問題とは、ならなかったようですが(今のところ)、どこでどう政治利用されるか分からない事を改めて認識しました。

「とうとう私にも」という思いですが、細心の注意も払いながらも出来るだけ生の情報を、皆様に知っていただくために頑張っていきます!情報の受け手と送り手の問題という、厄介な問題はありますが、これまで同様、萎縮せず伸び伸びと、そして気ままにやって行きます。

こんな事を言うのも何ですが、このブログも意外に多くの人が見てくれていたんですね!(笑)これからも楽しみにして下さい。

|

« 再会 | トップページ | いじめ問題 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

まさきさん初めてコメントします。現役の政治家の人たちはどんどんブログをして発言してください。
 議会でもパソコンやパワーポイントを活用して質疑をしていただきたいですね。若い人の政治離れは案外そのあたりかも知れません。

 ブログにトラックバックもコメントも受け付けるのは立派です。おしそがしいでしょうが可能なら毎日更新されたほうが良いと思います。

投稿: けんちゃん | 2006年11月 7日 (火) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141230/12276308

この記事へのトラックバック一覧です: ブログについて:

» 政治家はブログをすべきである 5月19日(金)放送 [けんちゃんのどこでもブログ]
 今週の高知シティFM(76・2MHz)「けんちゃんのどこでもブログ」のテーマは [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 12時56分

« 再会 | トップページ | いじめ問題 »