« 大阪視察に行ってきました | トップページ | 芸術とパトロン »

1票の格差

一票の格差、衆院2・214倍、参院4・803倍と拡大」という記事を先日読みました。人口が最も多かったのは、兵庫6区で57万6765人、最も少なかったのは高知3区で26万513人。人口が最少の選挙区との格差が2倍を超える選挙区は、前年より10多い37に拡大しているようです。参議院に至っては、定数を調整したにも関わらず、4.8倍となんともヒドイ状況です。

投票権は遍く国民に平等に与えられるのが、民主主義の大切な前提です。しかし、いまの状況はその前提が大きく崩れています。地方の人口がどんどん少なくなっている中で、選挙の度に定数の調整をしなくてはならないほど、深刻な状況です。様々な格差が問題になっていますが、一票の格差も重要な問題なので、ぜひ国会で議論をしていただきたいものです。

なんて他人事のように言ってはいられません、都議会でも正に同じ問題を抱えているのです。都議会議員の定数は127人です、およそ人口10万人当たり1人の計算です。しかし、42選挙区の中で、人口44745人の千代田区で定数1議席、642793人(いずれも平成18年8月1日現在)の江戸川区には5議席、およそ2.8倍の差があるのです。

我々の任期も折り返しで残りは2年です、次の選挙までにはこの格差問題をぜひ解決しなくてはなりません。選挙区の変更は適切な情報を、有権者にきちんと伝えなくてはなりませんから、選挙直前にはできません。となると、今から1年の間くらいには、結果を出さなくてはならないのです。我々都議会民主党から積極的に、声を上げて解決して行きたいと思っています。

|

« 大阪視察に行ってきました | トップページ | 芸術とパトロン »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141230/16015293

この記事へのトラックバック一覧です: 1票の格差:

» 与党さん!地域格差是正のつもりですか? [走れ!メタボリック王子]
メタボリックを愛する中年がやりたい事をやり言いたいことを言うワガママ放題なブログです(’〆’) [続きを読む]

受信: 2007年8月 9日 (木) 12時18分

« 大阪視察に行ってきました | トップページ | 芸術とパトロン »