« 62回目の終戦記念日 | トップページ | 一般質問をすることになりました »

乳幼児健診について

昨日、葛飾保健所に3歳児健診の様子を視察してきました。

葛飾区では、1歳児半と3歳児検診を行っています。区内の全ての乳幼児が対象で、約9割が検診を受けています、当日も50人以上の子供が来ていて、とても賑わっていました。月に2回検診がありますが、平均して30~40人が受診しているようです。歯科検診から始まって、身体測定、内科検診と約1時間半の内容です。

なぜこの検診を見に行ったかというと、発達障害とくに精神的な問題を抱えている子供に対しての受け皿が充分に整備されていないという問題意識からです。受け皿がないので、検診でグレーゾーンは異常なしとして通してしまっているのではないかとの声も実際聞いおります。

担当の課長の説明によると、一昔前は何か異常がないかをチェックする検診だったが、今はそうではなく子供の健全育成を促すような検診をしているとの事でした。分かったような分からないような説明でしたが、検診の方針が違ってきていることも一因のようです。

しかし、都の調査によると知的疾患を持つ子供は増加しているのは事実です。LD(学習障害)やADHD(注意欠陥・多動性障害)が学校現場でも問題になっています。こうしたことに対処するためにも、乳幼児検診がこれからとても重要になってくると思っています。

少子化対策の一環としても、こうした点の整備にもっと力を入れていくべきです。今月中に1歳児半検診も見に行きます。

|

« 62回目の終戦記念日 | トップページ | 一般質問をすることになりました »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

葛飾区に住み、幼児のいる働く母親です。検診がいつも平日しか開催されていないところにも気づいていただきたいと思います。特に昨今共働きの世帯が増えているなか、乳幼児健診が平日にしか行われないのは、そろそろ時代に合ってきていないのでは。

投稿: かえる | 2007年9月18日 (火) 15時09分

かえるさん
ご指摘ありがとうございます。もっともな事です。
いつまでも同じようにやってれば良い時代はとっくに終わっています。
時代に合わせた行政サービスが提供できるように、区議会で発言していきます。

投稿: 伊藤まさき | 2007年9月18日 (火) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141230/16155276

この記事へのトラックバック一覧です: 乳幼児健診について:

« 62回目の終戦記念日 | トップページ | 一般質問をすることになりました »