« アセットマネジメント | トップページ | 映画「シッコ」上映会に行って来ました »

都営高砂団地の建替えについて3 今後の説明会の日程

今日第1回目の説明会が開かれますが、今後の説明会の日程についてお知らせいたします。

日時 平成20年2月3日(日曜日)

午前10時 21,22号棟、30~33号棟、35~42         号棟にお住まいの方

午後1時  12,13号棟、17~19号棟、23~29号        棟、54,55号棟〃

午後3時半 2~11号棟、14~16号棟、20号棟〃

場所 高砂中学校 体育館

*原則として一世帯お一人の参加。上記時間に出席できない場合は、別の時間帯でも結構です。

このブログにお寄せいただいたご意見やご要望は、全て都側にお伝えいたしました。今後、それぞれ個別に、丁寧な対応をしていただけると思います。また何かお気付きの点やご意見がございましたら、お気軽にご連絡ください。

|

« アセットマネジメント | トップページ | 映画「シッコ」上映会に行って来ました »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

伊藤様へ。高砂団地の1期工事に当たった住民は誰も喜んでいません。年末頃に急に「建替えのウワサと7月までに新宿6町目団地に強制的に退去させられる」と言う話を、人づてに聞きました。23日に説明会があり、確定なんだという実感はあります。しかしながら、1期工事の対象エリアの住民はみんな怒っています。なぜなら、①子供の通学エリアが異なるため、転校が必須になり、子供のストレスはかなり大きい。子供にメリットなどひとつもない。②子供の学習塾や習い事は現住居付近が多いため、中止する(やめる)ことになる可能性が大きい。教育上プラスになる部分はまったくない。③自宅から近いところにパート勤務に行っている場合、通えない。つまり収入源が断たれる。再就職先など年齢を考えればかなりきつい。家を追われるだけでなく、職場も失う結果になりまさに二重苦。④高砂に根付いた生活を何年も送って来て、いきなり知らない土地に行っても、土地鑑はまったくなく、知人も友人もすくなく、さびしい限り。人間関係の面から言えば、失うものが極めて大きい。全体的に高齢者が多く、今から人的な広がりを作るのはかなりのパワーが必要。精神的に疲れてしまう。孤独感が大きい。⑤高砂団地に残りたいのに、強制的に新宿に行くことになるが、2期や3期工事の対象の住民は高砂団地内に残れることが確定している。1期工事の住民との差が大きすぎる。不当な差別であり、1期工事の対象の住民の犠牲の上に成り立っている建替え事業である。⑥つい最近知らされた建替え事業であるが、新宿6丁目団地は平成18年から建設を行っている。つまりかなり前から高砂団地の住民を強制移転させるために建設していたことになる。何も知らずに年末に畳を交換したり、カーテンや障子、じゅうたんなどを交換した家庭も多く、知らない間に無駄なことをやっていたことになる。このように馬鹿を見た住民が多数いる。
⑦建替える順番がおかしい。築年数が古く、老朽化の激しい団地の北側から行うのが筋。しかし今回は比較的新しく見える団地南側から手をつけている。これは納得いかない。不公平の極みであり東京都の横暴です。■伊藤さんは、前向きに捉えているのかもしれませんが、住民の反発は大きいです。ただし2期・3期工事の対象者は、団地内に残れるため喜んでいます。つまり高砂団地の住民は二分されています。このような状況を知っているのでしょうか。今からでも立て替え事業を延期して欲しい。

投稿: | 2008年1月24日 (木) 00時01分

様々なご意見があることは、理解しております。
この件は、老朽化した住宅を更新し、土地の高度利用をすすめ、近隣のまちづくりの起爆剤となる大切な事業と考えております。
しかし、それに伴い住民の方々には、いろいろな面でご苦労をおかけしますので、きちんとした配慮が必要と思います。

ご指摘をいただいた点ですが、1期工事にあたる住民の方でも、一時移転で高砂に戻れるようになっているので、そのようにしていただければと思います。
たくさんの問題点をあげていただきましたので、問題の解決に向けて丁寧に対応していくように伝えておきます。

投稿: 伊藤まさき | 2008年1月24日 (木) 09時21分

一時移転で高砂団地にもどれる世帯は資料や昨日の説明会によると50世帯位でそのうち20は新宿区の住居への移転であり希望者はほとんどいないとおもいます。また一時移転が認められる場合も特別な理由がある場合のみという説明を受けましたので実際に戻れる方はそれこそ数世帯のように感じています。
1期工事に当たった住民には寝耳に水というかたも多く、せめて2、3年先ということであれば心構えや身の振り方などもじっくり対処できますが、いきなり半年後に事実上の強制退去を求められるというのはあまりにも精神的、肉体的、経済的な負担が大きすぎます。多くの住民の方は20年以上ここに居住していますので・・・
また移転料についても17万というのは少なすぎると感じます・多くの世帯が高齢化及び入居した時より世帯員が減少している為、現世帯人数に比べ家財道具が多く、かつ高齢化している為業者にまかせなければいけない部分が多く当然その場合は出費がかさむことになります。また世帯員が減少している世帯(ほとんどの世帯だとおもいます)は現状の部屋に比べて非常に狭い部屋への移転になりますので多くの家財道具を捨てなければなりません、それと4、5階といった上階に居住している世帯はエレベーターがない為割り増し料金を請求される場合もあるとおもいます。

老朽化による立替は避けられない問題であるとは思いますがあまりにも急な通達と移転スケジュールであり猶予期間をもっと頂き双方納得の行くような移転にしていただきたいとおもいます。

投稿: | 2008年1月24日 (木) 12時25分

私も移転説明会に参加しましたが、納得がいきません。立替計画が決まったならば、もっと早く住民に伝えるべきだと思います。一応、質疑応答はありましたが「新築なんだから新宿に行け」という感じでした。いくら新築だろうが住民は高砂で暮らしたいんです。せめて一旦は新宿に移転し、立替後、高砂に戻れるようにして欲しい。犠牲になるのだから、当然だと思います。担当の方は、移転先が今と変わらない環境だと説明してましたが、実際に現地に行き、バス、電車に乗ったのでしょうか?通勤している方なら、わかると思いますが、いくら同じ京成線と言っても単線で本数が少なく、バスも使わなければなりません。乗り継ぎなどを考えると通勤時間が大幅に増えます。もっと住民の立場になって考えてもらいたいです。説明会から移転までの期間が短いのは有無も言わせずに事を運ぼうとしているとしか思えません。2月に現地見学がありますが現地集合となっていました。せめてバスを用意するとか配慮して欲しい。

投稿: 第1期移転対象住民 | 2008年1月24日 (木) 19時57分

お二人から書き込みをいただきました。
ご不満の点が多々あることは良く分かりました。
今後の対応の参考とさせていただきます。ありがとうございました。

投稿: 伊藤まさき | 2008年1月24日 (木) 21時10分

伊藤様へ。最初に書いている1期工事対象の住民(建替え反対派)です。
数年前に、「高砂団地建替え推進」の賛否を聞かれた時期が有ったことを思い出しました。
当時は「老朽化して、実質使用不能であれば仕方ない」と言う考えを誰しも持っていたはずです。したがって、当時は建替え事業そのものに反対する人は少なかったと思います。
しかしながら、それは”一般論”であり、実際に居住し寝起きをしている以上、切実な現在進行形の”中身”があることを理解した上での事業でなければ困るのです。
建替えには居住者に密接に関係する中身が伴わなければ意味がまったくないのと同じです。

①「そもそも高砂団地に残れると思ったからこそ、反対をしていなかったのであって、最初から高砂団地から追い出されるのがわかっていたら、誰も推進などしません。団地住民の推進委員だって誰もやらないでしょう!騙されたようなものです」。

②「移転先の居住面積は今より狭く、引っ越してもメリットなどありません。”新築”を強調していますが、いくら新しくてもスペースが狭いだけでなく、突然縁もゆかりもない町をあてがわれて、メリットを感じられますか?」。

③区議や都議の中には、高砂団地住民と一体となって、建替えを推進した者も多いと思います。
高砂情報をブログに掲載するくらいですから、伊藤都議も恐らくその一人でしょう。伊藤都議の推し進めた建替え事業には、高砂団地現住民に対する”心”は持っていたのでしょうか。
いきなり追い出し宣言をされる身になって考えてみてください。まるで東京都は”北朝鮮の金正日”と同じです。
23日の説明会の担当者も事務的で、言うことを聞かない住民は単なる邪魔者程度に思っているはずです。
伊藤都議には1期工事の対象者に対するフォローと言う考えは無かったのですか? 1期対象エリアに住んでいる者に対して、とても失礼なひどい仕打ちだと思いますが。
強制移住まであと半年しかありません。子供の残していった思い出や見慣れた風景ともお別れです。毎日悲しい気持ちです」。
④「高砂団地は長年居住している住民が多いため、日々の生活習慣を180度見直す必要があります。
”かかりつけの病院も行くことができず、金町周辺で探すことになります”。
”電話番号は局番が異なるため同番号は使えません。親戚・友人・知人だけでなく、銀行やその他の書類提出先、学校・職場・・・・。訂正作業や周知に何日かかるでしょう。”
これらは、普通の転勤や引越しなら当然のことですが、今回は本人の意思にまったく関係のない、お上からの期限付きの強制移住命令です。やってられますか!」
⑤「現在は目の前は空き地であり、日当たりは棟にもよりますが良いと思いますが、今後目の前に何ができるかわかりません。計画図を見ても、棟の前に道路が通るかどうかはっきりしていないので、すぐ目の前に他の建物が建つ可能性があります。日当たりが悪くなる可能性が高く、環境が良い団地には見えません。しかも三菱の跡地は現在、鉛や砒素の毒(残土処理)の処理をしている最中です。高砂団地ならこんなことはありえません。伊藤都議は、空き地の地質を調査したことがありますか?
ちょうど今、基盤整備事業を行っています。砒素や鉛の文字が工事現場内の看板中にありますから見に行って確認してみてください。」
================================================
【1月23日 説明会より】
高砂団地に戻れる条件はかなり厳しいものがあります。
高砂団地問題をブログに掲載するくらいなら、伊藤さんももっと勉強して情報を入手してください。
1期工事に当たった身になってよーく考えて見てください。
現在団地に住んでいる身になって考えてください。
基本的に東京都は新宿6丁目への片道切符を考えています。

投稿: | 2008年1月24日 (木) 21時50分

説明会の話 電話で聞きました。申し訳ありませんが笑ってしまいました。説明会ではなく「説得会」なのですね。説得会に出席した父は「都には逆らえない」と言いました。母は「高砂からは動きたくない」と言いました。離れて暮らしている私は、不安障害とウツ病を患っていて自分と戦っています。病気のおかげと言っては何ですが、今、80才になろうとしている父や母が置かれている状況を考えると、都の計画は高齢者にストレスを抱えこませて私の様な病人を作りだそうとしているとしか思えません。私が都庁に電話すると言ったら「余計な事はしないでくれ」と泣かれました。「住まわせてもらえてるだけで有難い」と・・・。自分の家族の事ばかり言ってすみません。高砂団地は古くからあり、とても有名な大団地です。12月26日に自治会の役員の方には話しがしてあると聞いています。その後すぐにその役員さんは1期にならない所に引越しをしたとの話も聞いています。終わりを向かえるのなら、何故もっと綺麗に、都営団地らしく皆に平等に、公平に、本物の「説明会」を開けなかったのですか?

投稿: 高橋  | 2008年1月24日 (木) 23時16分

今回の件で大変な思いをされているのは分かります。私も自分なりに住民の身になって情報提供をしてきたつもりです。

>伊藤都議には1期工事の対象者に対するフォローと言う考え>は無かったのですか?

>高砂団地問題をブログに掲載するくらいなら、伊藤さんももっ>と勉強して情報を入手してください。
との事ですが、当然ここで皆さんからいただいた心配は、建替え計画の説明を受けたときに都の担当職員に対応を求めました。実際に、私には決定権はありませんから、行政に対して住民の要望に最大限沿うようにこれからも求めて行きたいと思います。お怒りは分かりますが、私のささやかな努力もご理解下さい!
ちなみに新宿6丁目の跡地の件は、今よりも厳しい基準で調査するように求めています。

高橋様
そのお話を聞いていろいろな意味で寂しくなりました…
そのような事が実際にあることをきちんと頭に入れて、対応を求めてまいります。

投稿: 伊藤まさき | 2008年1月25日 (金) 09時34分

説明会の住民からの「建替えの順番の経緯」の質問について担当の方は「給水塔から遠い地域、高圧線、資材の搬入の関係」と説明してましたが、本当の所は駅に近い敷地を東京都が売り、そのお金で建替えをするからですよね?住民には説明もなく、隠しておくのでしょうか?

投稿: 第1期移転対象住民 | 2008年1月25日 (金) 10時12分

土地を売却したお金で建替えをするわけではありません。いま都税の収入は順調ですから、十分な予算の裏づけがあるので、スパーリフォームではなく建替えを順次行うのです。

投稿: 伊藤まさき | 2008年1月25日 (金) 19時57分

お返事ありがとうございました。何度も申し訳ないのですが、私 頭が悪いので教えて下さい。12月31日以前に噂を聞いた母が不安を私に訴えてきたので、すぐに伊藤様のブログを見つけて「12月28日のブログには「京成線の踏み切り・・・」や「高砂団地建替え計画」しか載ってない(詳細なし)から噂だよ、と言って落ち着かせました。ところが年が明けてみたら、12月26日に話しを聞いた1期の役員だけが、そそくさと2期3期の方に引っ越したとの事。・・・①都からの「役員特別」もしくは「天下り特別」ですか(最低ですね)?②今回の明らかにおかしい1期工事、白紙から練り直してもらいたいのですが・・・どうすれば2期3期同様の扱いをしてもらえるのですか?③伊藤先生には決定権がないとおっしゃてましたが、それでは決定権があるのはどこのどなたですか?④1期の残された路は署名運動ですか?⑤都庁に直談判ですか?⑥・・・それともやっぱり泣き寝入りですか?両親の落胆ぶりを見た私は、おかげさまで抗ウツ剤をまた処方されました。原因は過度のストレスです。判って頂けますか?それだけ1期工事は住民はもちろん親族にも影響するのです。同情して欲しい訳ではなく、1期の方 皆に私の様になる確率が高いのです。もし伊藤先生にお時間があるのであれば、長年住みなれた土地からの高齢者の引越し、手続き等その他諸々が、どれ程のストレスになるかを心療内科の先生と話しをしてもらいたいです。お願いします、お忙しいとは思いますがひとつひとつの「?」の答えを全て教えて下さい。

投稿: 高橋  | 2008年1月25日 (金) 23時48分

(1)自治会長の近況
高砂団地自治会長のH氏は、1期工事対象エリア外の住民のため、何を聞いても「東京都の方針に従ってください」と言った調子です。自分が高砂団地に残れるから意気揚々と余裕の回答です。自治会長なら、自ら進んで新宿6丁目団地に引越しするくらいの行動を起こして欲しいものです。

H氏には会長を即辞めてもらいたい。

(2)再開発は都議や区議のお手柄か?
伊藤都議も含め、議員たちは高砂団地の再開発を自分たちの手柄のようにブログや地域住民にアピール(演説、ビラ撒き)しているのでしょうか?
地元住民に犠牲を強いるような事業に対して、前向きの記述が中心のブログなど書くべきではありません。
犠牲となる地元住民への配慮がまったく感じられません。

追いやられている1期工事の被害住民を救う手立てを取ってもらえれば、民主党の株も上がるはずです。どうか1期住民を救ってください。

具体的には、少なくとも、「最低限来年3月まで延期(猶予期間)」、「高砂団地への戻り」を党をあげて実現に向けて邁進して欲しい。
民主党が弱者の味方であるところを見せて欲しい。
心の底からお願いしたい。

(3)新宿6丁目団地の建設のいきさつ
現在柵で囲まれたエリアは、平成18年に建設が始まり、今年の3月には、竣工した建物に入居する一団がいると聞いています(バスどおりに面した3号棟・西側)。

つまり、新宿6丁目団地は大量に一部地域の住民を受け入れることを前提にして建設が始まった団地と言えます。

私たち高砂団地の住民は、そんなことも知らされず、踊らされて建替え賛成を唱えていたのです。
まったく馬鹿な話で、まんまと東京都に騙されました。

(4)高砂団地と新宿団地の差
高砂は良くも悪くも田舎っぽいところがあり、比較的静かで高齢者にはちょうど良い雰囲気の町だと思います。

新宿・金町は、再開発が目白押しです。
新宿6丁目団地の前には「40階建て」の建物が建ちます。

金町駅前には同じく「40階建て」の建物が建設中で、図書館もできます。
良さそうに聞こえますが、年寄りにはどれだけメリットがあるでしょうか。にぎやかになっても自分には関係が少なく、治安が悪くなるだけではないでしょうか。

(5)東京都のやり方
次回の東京都の説明会は、ルンルン気分の住民たちが集まり祝勝会のように和やかに進むことでしょう。
東京都はこれらの住民を味方に付け、反対派・1期工事対象者の意見・要望・行動をつぶしにかかるはずです。

投稿: i | 2008年1月26日 (土) 00時26分

第1期移転対象住民は、このまま新宿6丁目に行くしかないのでしょうか?東京都は嫌なら民間に行けばいいと思っているのでしょうか?

投稿: 第1期移転対象住民 | 2008年1月26日 (土) 14時34分

これだけ重要な案件なのに渡された資料を見る限り説明会は先日の1回限りしかないというのはどういう事なのでしょうか?質疑応答も30分程度しかなくあちらの都合で打ち切られてしまいましたしあまりにもひどい対応ではないでしょうか。私は高砂団地に住んで30年たちますが住居の面で不便を感じたことはありませんし建物自体もまだまだ立派で性急に建替える必要など感じておりません。まだまだ使えるのに壊すというのは世の流れでもあるリサイクルの精神にも大いに反することではないでしょうか?高砂団地内は高齢者が多く伊藤議員のように住民の声を聞いてくれる方がいるという事を知らない方が大勢います、できれば説明会の再度の実施をしてそちらに伊藤議員もご出席して頂き住民の生の声を聞いて欲しいです。

投稿: | 2008年1月26日 (土) 17時24分

■議員たちの建替えの陳情の成果■

東京都に対して、都議や区議は陳情を繰り返し行っていす。
民主党だけでなく、公明党、自民党、そして共産党もです。
これら議員たちは恐らく立て替えで犠牲を伴うような意識は持っていなかったと思いますが、単に建替えの陳情をしたため中身が置き去りのまま進んでしまったと言うことが正しいのだろうと思います。

今、中身(計画)を知った以上、犠牲となる住民の救済と計画の変更・見直しについて、議員たちのこれからの行動に期待をしたいと思います。
見殺しにするのか、手を差し伸べるのか、伊藤議員も含めてしっかりと見て行きたいと思います。

穴だらけの陳情は、陳情に値しません。
長年住んだ町を追われて行く人間の身になって考えてください。
高砂団地は歴史があるので、あまりきれいな団地ではありませんが、現住民まで”大掃除”することはないでしょ!!

数年前のアンケートでは、高砂団地住民は建替えには反対していませんでした。しかし「高砂を追い出される」、「半分以上の敷地を売り払う」お願いなどしていないし、聞いていません!!

「伊藤さんも回答ができなくなったのでしょうか?
 もはや自分のレベルを超えましたか?
 返答が一切なくなりましたね。」

投稿: | 2008年1月26日 (土) 21時37分

お返事が遅くなりました。
まず、高橋さん。
ここには悪意で様々な事をいわれる方もおりますので、今後の個別のご相談はメールか電話(itomasaki@nifty.com 3609-7386)でお願いします。ご指摘いただいた点については来週調査したいと思います。この件は行政が執行するものですので、決定権は都の都市整備局が持っております。

また、説明会の件ですが、丁寧な対応を再度求めてまいります。

直前のコメントですが、お怒りとお気持ちはよく分かりますが、悪意に満ちた質問にはお答えできません。今後、また同じようなコメントについては削除させていただきます。ご了承ください。

今後は、先程も書きましたが個別の質問については、メールなどでお受けいたします。

心配に思われている方に対し、少しでも情報を提供できればと私なりの善意でやった事が伝わらなかったのは残念です。

ただ、皆さんがいかに心配に思っているかはよく分かりましたので、今後の対応については努力をさせていただきます。

投稿: 伊藤まさき | 2008年1月26日 (土) 22時32分

>ここには悪意で様々な事をいわれる方もおりますので、

についてですが、「高砂団地」などと検索すると伊藤議員のブログが検索され出てきます。
伊藤議員のように高砂団地の情報を少しでも周知してくれるブログはありがたいと思いますし、この手の情報を掲載してくれる伊藤議員にはありがたさを感じます。
他にこのようなことをしている人はほとんどいないと思います。

いろいろと各種意見が投稿されていますが、すべては悪意ではなく、どこに持って行って良いのかわからない、行き場の無い声の受け皿と言う気持ちで書いていると思います。
ですからあまり悪意と取らないでいただければよろしいのではないかと思います。
第一、伊藤さんが独りで建替え計画を立案・実行しているなんて誰も思っていないでしょう。役人でも知事でもないし。

相談すれば何かしら対応してくれるのではないかと言う期待の現われと解釈していただければよろしいのでは。

投稿: 高砂団地 | 2008年1月27日 (日) 21時46分

高砂団地様
コメントありがとうございます。私の思いをご理解いただきありがとうございます。

さて、役員の方の話ですが、2期3期工事の部屋に急遽引っ越した事実はありませんでした。iさんが書いているように、もともとそこに住んでいたようです。
また、今日ここでいただいていた様々なご意見について、都の担当に再度伝えました。以下、2点ご報告します。
1、再度の説明会については、2月25日締め切りのアンケートに基づき、3月から個別の説明を順次するとの事でした。
2、高砂団地へ帰りたいとの声については、新築から新築への引越しは、他の建替えの例と比較して不平等なのでそれは不可能との事でした。ですので、他の都営住宅(空き家)に引越す事が一つの前提だそうです。
区内の空き家に限りがあるので、他区への引越しが一旦可能なら、高砂へ帰ることが可能だそうです。今は新宿区に数室用意しているようですが、その拡大については検討する。
また、来月の新宿の住宅見学についても、丁寧に対応する事を再度求めておきました。
ご報告まで。

投稿: 伊藤まさき | 2008年1月28日 (月) 21時30分

お忙しい中 お返事ありがとうございました。いろいろな方の意見と、伊藤先生のコメントを見て 私も反省しました。1期にあたる自分の親のストレス ご近所の方の心境 私が生まれ育った団地がなくなる、悪い噂話、説明会の内容 などの不安と恐怖を、誰に相談して良いか 何処で調べれば良いか判らず、伊藤先生にぶつけてしまった自分がいました。頑張って頂いているのも知らずに 何度も何度も申し訳ありませんでした。ただ、伊藤先生のこのブログは情報をいち早く頂けますし、とても判りやすいので これからも宜しくお願いします。
そして、アドレスまで教えて頂いてありがとうございました。伊藤先生のお手隙の時に 相談に乗ってもらえたら幸いです。
くどい様ですが、高砂団地の事 宜しくお願いします。  

投稿: 高橋  | 2008年1月30日 (水) 00時06分

高橋様
皆さんがいかにお困りになっているのか、様々なコメントを通して本当に良く分かりました。文字だけだと、その人の感情がいかようか分かり難いこともあり、ブログの難しさも再認識しました。いろいろと勉強になりまして感謝しております。
様々なご指摘については、今後とも真摯に対応して行きたいと思います。

いただいたメールアドレスに返信しましたが、アドレスが違うようで戻ってきてしまいました。再度教えていただければ、再返信します。

投稿: 伊藤まさき | 2008年1月30日 (水) 12時03分

実際に住んでいる住民に苦痛を伴うような移転・再開発を極秘に進める東京都のやり方のひどさには閉口します。
役所のやるべきことではないし、いまどき時代遅れのやり方です。まずは、東京都の方から1期住民に対して謝罪をしてもらいたいと思います。その上で、住民が馬鹿をみることが無いように取り計らっていただきたいです。
今後、相談会のようなことを開くと聞いていますが、言いたいことは山ほどあるので、プライバシーの守れるような状態での個別面談を望みます。衆人に聞こえるような部屋での面談はやって欲しくないと思います。

それから、高砂団地の半分以上に当たる北側については、いったい何ができるのでしょうか?どのように土地を開発するのでしょうか?現住民に何の説明もなく、住民を追い出すなんて、ことごとく東京都のやり方には頭に来ます。

私は、現高砂団地の全部の敷地にたくさんの高層の都営住宅を建てて、空き待ちの解消を計画しているのかと思いましたが、まったくそうでは無さそうです。
建設する都営住宅の戸数も今とあまり変わらないようです。

いったい東京都は高砂団地周辺一体をどうしたいのでしょうか?
伊藤さんから何か情報があったら教えていただけませんか?

今回の一件で東京都の役人が嫌いになりました。

投稿: | 2008年1月30日 (水) 17時09分

相談会の件は、そうなるように努力してまいります。

土地の利用法ですが、現状では正式には決まっておりません。
当該地には、葛飾区立の高砂北公園もありますので、区との協議で今後決められると思います。
区では、悲願である京成線の連続立体化事業の実現の為に利用する事を考えています。それと同時に、防災対策なども一気に進める事になると思われます。

今回の建替えは、都営住宅を増やすためのものではなく、大規模団地の高度利用による土地を活用して、地域のまちづくりの支援が目的で行われます。

投稿: 伊藤まさき | 2008年1月31日 (木) 00時07分

2月3日の説明会の情報を教えてください。
どのような説明だったのでしょうか。
2期、3期工事の対象者向けの説明内容を教えてください。よろしくお願いします。

投稿: | 2008年2月 4日 (月) 23時04分

今回の建替えに於いては都側・団地住民側に様々な不備・不足が有る事に気付かされましたが、団地住民側に欠落している点が有りますので、其れを以下に記します。
其れは、今回の建替え問題だけではなく、将来も発生しかねない問題で、重大な住民側に欠けている性質です。  もしかして、日本国民全体に欠けている問題かも。
其れは、情報が共有されていないことです。
其の為、噂が噂を呼び、憶測が憶測を呼ぶ、と言うことになるのです。
之を防ぐには①自治会長・副会長・支部長の任期を2年ほどで辞めていただく。選挙で立候補者が居ないときは臨時代理を置くだけで良い。
今回は即刻辞めて頂くことにして。
権利能力なき社団と言うことなので共用水道・電気料金等を規定通り支払えば自治会が無くても良い。
②同一人を複数の役員にさせない。
高砂団地自治会は殆どが土地の一坪・建物一棟も持たない住民なので③『建替え対策委員会』等と言うアヤフヤナ名称は止めて『建替えに付いての意見集約所』(勿論、仮称)とでも言うものを作って、意見を聞き取って之を団地住民全員に知らせるようなことをする。
先にも書きましたが、之は団地内に情報を行渡らせる為に絶対に必要です。   情報を一人又は或るグループのみに独占させていた為にこんな状態になったのです。  
民主主義の入り口なのだが、之が一番難しい、特に日本では。
又、住民が自治会とはどんなものかという概念が理解されていない面もあります。
自治会は何の為に存在するのか理解していないのではないでしょうか?
私自身もよく分っていないのですが、先生から
教えていただけると嬉しいのですが?

  

投稿: 高砂団地第一期該当住民 | 2008年3月21日 (金) 20時08分

今回の建て替えに京成の高架による車庫移転が係わっていると聞いてます。
高砂北公園付近を空けて車庫をもってくるために団地棟の高層化をして戸数を減らさない様にしているとの噂。

我が家は、工事の騒音と完成後の日照の減少等々いいことは一つもありません。
第一、計画の詳しい内容すら知らされていないのですから。
ホームページ等で閲覧できるのですか。

投稿: 北側住民 | 2008年5月 3日 (土) 14時51分

高架化に伴う全体の計画はまだ決定されていませんが、葛飾区では提案型のまちづくりを進めております。地元の「まちづくり協議会」で議論をしています。

この取り組みについては、区の以下のHPで閲覧できますので、ご覧下さい。

高砂駅周辺の踏切対策に伴う街づくり
http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/081/008189.html

投稿: 伊藤まさき | 2008年5月 5日 (月) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141230/17797737

この記事へのトラックバック一覧です: 都営高砂団地の建替えについて3 今後の説明会の日程:

« アセットマネジメント | トップページ | 映画「シッコ」上映会に行って来ました »