« 波乱の都議会定例会終わる | トップページ | 初めての歌会 »

民主党大学第2回講義

Photo 今日はとても良い天気ですね!桜も満開です。

党本部で、民主党大学の講義がありました。今日の講師は、北川正恭早大大学院教授でした。北川先生は、県議、衆議院議員、県知事を経験されていますが、自らの体験に基づきとても熱っぽく講義をしていただきました。1時間のお約束でしたが、予定を大幅に超えて熱心に講義をしていただき感謝感激です!

新銀行への追加出資が議会で決定された事について。「これでは議会なんて不要ですよね!与党だろうが野党だろうが駄目なものは駄目と判断できなくてはね!」なんて厳しいご指摘もいただきました。耳が痛かったですが、地方分権のことや先日立ち上げた「せんたく議連」のことなど、我々も聞いていて本当に勉強になりました。

その後、「第18回柴又さくらまつり」に顔を出してきましたが、大勢の方で賑わっていました。

|

« 波乱の都議会定例会終わる | トップページ | 初めての歌会 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141230/40774572

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党大学第2回講義:

» ◆倫理チェック・大特集号/公選法の解説/議場で発言しない議員ランキング/ポスター代など一覧 [てらまち・ねっと]
 ここ山県市では、下記選管公表のとおり、4月13日から20日まで市議会議員選挙が行なわれます。  昨年、「選挙ポスター」や「燃料費」の公費水増し請求問題を全国に広げる「きっかけ」になった4年前のここ山県市の議員選挙。  水増しを認めた7人のうち5人が辞職、2人は依然、在職。  何人かは、来る選挙に立候補とか。  公職者の不正や倫理問題、もはや市民が厳しくチェックするしかない状況です。  私たちの直接請求を受けて先の議会において、市長提案で「政治倫理条例」が成立しました。  市民の倫理チェック、... [続きを読む]

受信: 2008年4月 5日 (土) 18時48分

« 波乱の都議会定例会終わる | トップページ | 初めての歌会 »