« 柴又地区タウンミーティングのお知らせ | トップページ | 大成功だった第3回マニフェスト大賞 »

公的資金投入と経営責任と癒着

200811131515000 米国発の金融不安が拡がっています。今日、その米国で主要20カ国が集まり、金融サミットが開催されています。

国会でも金融機能強化法改正案の審議が参議院で行われています。私は、新銀行東京問題PTの事務局長として、国会議員の方々と新銀行経営監視会議を設置し、取り組んでいる最中です。

新銀行東京と並んで、農林中金への公的資金投入の是非が与野党で真っ向から対立しています。新銀行東京は石原知事がトップダウンで作った銀行です。杜撰な経営で危機的状況にあり、早急に店じまいをすべきで、国民の税金を投入するべきではありません。

一方の農林中金にしても、農家に融資をする金融機関として設置されていますが、殆どの資金を株などに投資をしていて、本来の役割は終えています。さらに歴代の農水省事務次官の天下り先であるばかりか、自民党の有力な支持団体でもあります。それを象徴しているのが、写真をご覧になれば分かると思います。

この写真は私が撮ったものです。場所は東京のド真ん中の大手町のJAビルの正面玄関です!そこにご覧の通り、自民党参議院議員の山田としお氏の政治活動用のたて看板が堂々と掲げられています。さらに後援会事務所もここに設置されています。周りには、大手新聞社の本社も多くあるのですが、このような事は報道されません…

国会で公的資金投入の是非が問われている中でもありますし、民主党の部会でもこのような問題点を散々指摘されているにも係わらず、この状態です。

自民党が必死になって公的資金を投入しようとしているのも、妙に納得です。正に厚顔無恥で、強い怒りを感じます。農水関係の不祥事が立て続けに起きているのも、このような所に問題点があるように思います。

|

« 柴又地区タウンミーティングのお知らせ | トップページ | 大成功だった第3回マニフェスト大賞 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141230/43120704

この記事へのトラックバック一覧です: 公的資金投入と経営責任と癒着:

« 柴又地区タウンミーティングのお知らせ | トップページ | 大成功だった第3回マニフェスト大賞 »