« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

トヨタリコール問題と公聴会

米下院エネルギー・商業委員会の公聴会にトヨタ自動車の豊田章男社長が出席し、謝罪したことがニュースになっています。

中間選挙を念頭に政治問題化されてしまったと感じておりますが、トヨタの対応にも問題があったようです。これからの処理に巨額のお金がかかることも想定されるなど、今後も様々な影響が出てくるのでしょう。

今回私が注目したのは、このリコール問題ではなく、公聴会という制度です。公聴会とは、特定の事案に対し、意見を聞く制度で、都議会にも公聴会制度はあります。アメリカの議会ではかなり活発に招集されているようで、最近ではビックスリーや金融機関の経営危機での激しいやり取りは記憶に新しいところです。都議会では殆ど開催されておりませんが、民意を反映する有力な手段ですので、参考にすべきと思います。

都議会でも、市場移転問題で、やっと専門家や関係者を参考人招致しましたが、本来ならもっと早くそして活発に行うべきです。変化の激しい社会状況で、十分に民意を反映するための有力な手段ですので、議会運営に生かして行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春一番

春一番が今日観測されました。春一番とは、タレントの名前でなく「冬から春へ移り変わる時季に、初めて吹く南よりの強い風」(気象庁HP)の事です。

最近の政治は、国民から大変厳しい評価をいただいていて、季節に例えるなら正に「真冬」でしょう。偶然国会では、自民党がよく分からない審議拒否から復帰したようです。これを機に、国民が本当にして欲しいと願う議論を展開し、次の季節へと一歩踏み出してもらいたいものです。

真冬からいきなり春にはならないでしょうけど、少しずつ暖かい季節になるよう、政治家のやるべきことは、本当に多いと感じています。来週から、都議会でも本会議や委員会での本格議論がスタートします。

都民の期待に応えられる議論を心がけます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第1回定例会始まる

Email1本日から第1回定例会が始まりました。

予算案ほか多くの条例案が提案されました。総務委員会に関連する事案もかなり多数ですし、賛否の分かれる東京都青少年育成条例 の改正案などもあります。

各地でのタウンミーティングでも多くのご意見をお寄せいただいておりますし、会派でも部会を断続的に開催し、議論をしているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タウンミーティングのお知らせ

今度は柴又・高砂地区で開催いたします。ぜひともご参加ください。

2月25日(木) 午後7時より8時  柴又地区センター 柴又1-38-2http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/131/013137.html

3月1日(月) 午後7時より8時  高砂地区センター  高砂3-1-39http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/131/013127.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

厳しい選挙結果

長崎知事選挙、町田市長・市議選挙の結果が昨日出た。どちらも大差で敗北している。厳しい選挙の結果です。

どこに敗因があったのか、しっかりと検証していかなくてはなりません。報道では小沢幹事長の政治とカネが大きく影響し、今後の対応が注目されるとしている。しかし、本当にそうなのだろうか疑問です。

私にはそれぞれの地域の詳しい状況は分かりませんが、政治とカネが第一の敗因ではないと思います。一番の敗因は、新しい政権を選んだがその結果が出ていないと感じている上に、わが党の候補がまちづくりの明確なビジョンを示せていないのではないかと思っている。

政権交代に浮かれて、この勢いで地方選挙も何とかなるとどこかで思っている雰囲気に対し、有権者の審判が下ったと反省すべきです。国と地方では、政党の役割は違うし、政治制度(議院内閣制と二元代表制)が違うし、地域により課題も違うのですから、一度の国政選挙の結果に胡坐をかいてはなりません。

われわれ地方議員の力量がますます試されるのだと思います。いかに日常活動をしっかりやるか、まともな質問まともな議会活動をきっちり行うかにかかっているのでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

定例会直前

オリンピックが盛り上がっています。

都議会では、24日から第1回定例会が始まります。多くの予算案や条例案が提出されることになっています。

注目されるの点は、予算では、豊洲への新市場移転経費として約1300億円の予算が計上されている事。条例案では、ここで以前取り上げた青少年健全育成条例の一部改正案です。

何れも会派内で意見の分かれる事案で、事前の議論が大変重要です。現在、各地でタウンミーティングを開催しながら、直接区民のご意見をお聞かせいただいているところです。そこでいただいた声を基に、定例会に臨みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

視察

Aoptohukusihoikuenn2

予算審議の準備として、様々なところに視察にでています。昨日は、区内の子育ての現場を視察して来ました。

風の子学童保育クラブ、分園建設現場(保健所となり)、中青戸小学校内学童保育クラブ、青戸福祉保育園、青戸もも保育園、中青戸保育園の計6ヶ所でした。それぞれの課題があり、議会で議論していかなくてはならない課題が多数あることを再認識してきました。

子育て支援はわが党の目玉政策です。都でも、少子化打破の3カ年計画を発表するなど、何かと動きのある分野です。これからも注目して行きたいと考えています。

海外視察には批判がありますし、実施方法についても疑問がありますが、このような視察はこれからもドンドンやります。現場をしっかりと見て、議会活動に生かしてまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福本亜細亜くん&史子さんおめでとう!

Cimg2600_2 今日は、区議会の同期の福本亜細亜くんの結婚式に出席してきました。芸能人をはじめ各界からの著名人が華を添え、大変盛大な式でした。

私も夫婦でお招きをいただきましたが、多くの芸能人と写真を撮りまくってしまいました。(笑)

亜細亜くん史子さん、いつまでもお幸せに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タウンミーティングのお知らせ

今回のテーマも「都・区の平成22年度予算について考える」です。現在、私の事務所で活動している、かわごえ誠一さんと共催です。

2月17日(水)19:00~20:00 市民活動支援センター  青戸7-2-1
2月20日(土)14:00~15:00 四つ木地区センター   宝町1-1-22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ出演のお知らせ

都議会提供テレビ「TOKYOほっと情報」(テレビ東京)に出演いたします。

放送日時は2月11日(木・祝)の午前10時~10時50分です。総務委員会の活動を紹介する内容で、委員会で取り組んでいる課題について、コメントしております。

昨年、収録していますので、今よりも少しほっそりしているかも知れませんね。(笑)もしお時間がありましたらご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タウンミーティングのお知らせ

久々に新小岩地域で開催いたします。休日ではございますが、ぜひご参加ください。テーマは「都・区の平成22年度予算について考える」です。地元の米山真吾区議会議員からも区政報告がございます。

日時:平成22年2月11日(木・祝) 午後2時から3時まで

場所:新小岩北地区センター 和室 東新小岩6-21-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NPO法人おおぞら会を視察

Cimg2477昨日、地方議員団のメンバーと、葛飾と江戸川で知的・発達障害や不登校の児童・生徒の支援を行っている「NPO法人おおぞら会」を視察してきました。

関口理事長とご主人が、近所の方とボランティアではじめただけあって、家族的な雰囲気で様々な事業が展開されています。しかし、家庭的といってもそのレベルはかなり高いサービス内容です。特に、お子さんの状態を調べる心理テストなど各種検査は、大学の研究所レベル以上のものですし、一軒家を改造した施設はそのほとんどが個室で、落ち着いてサービスを受けることができます。

理念やサービスが良くても、運営は大変です。今は、医師や心理療法士の先生がほぼボランティアで参加していただいているので、高いサービスを提供できているとの事でした。公的な支援は一切受けず、民間財団などからの財政支援のみで運営してきたそうです。

今後の運営の安定を確保するには、やはり区との連携が必須でしょう。我々もできる限り、応援していこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

小沢幹事長不起訴

東京地検特捜部が小沢一郎幹事長の不起訴とする決定をしたようだ。現職の国会議員を逮捕してまで捜査していた訳だが、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪という、今までだったら形式犯とされていた罪での起訴です。国会議員なので形式犯といっても厳しく処罰されるべしと言ったご意見もあるだろうが、釈然としません。

今回の件は「大山鳴動して鼠一匹」の感は否めない。前触れの騒ぎばかりが大きくて、実際の結果の小さいことのたとえであるが、ゼネコンからの違法な資金提供の確たる証拠があるとしていたが、そのような事実はなかったと言うことでしょう。

これからは裁判を見守っていくしかありませんし、検察審査会により起訴処分となる可能性もありますので、この問題が完全に終わったとは思っておりません。私の個人的な意見は、政治資金で不動産を買うことは、厳に慎むべきと思いますし、4千万もの不記載はあってはならないので、不起訴になったから良いと言うものではありません。

今回の件は、様々な問題を提起したと思います。政治資金規制法の不備、捜査情報とマスコミなどです。特に、一方的に捜査情報がマスコミにもれて、それが世論に強い影響を与えることは問題視しなければなりません。様々な構造上の問題があると思いますが、行政とマスコミとの距離のあり方は、今後議論されるべきでしょう。

内外のジャーナリストから批判を浴びている「記者クラブ」制度は、特に議論していくべきです。ここに所属しているのは、主に日本の大手マスコミですが、以前よりその排他性と閉鎖性が問題となっています。今回の件のように、社会に重大な影響を与える事案については、様々な角度から情報が国民に伝えられるべきです。

一部新聞が報道しているように、小沢幹事長が不起訴となったから、もろ手を挙げて喜び騒いでいるなんてことはありませんし、検察とマスコミだけがいけないとも思っておりません。今後は、政治は政治本来の、行政は行政本来の、マスコミはマスコミ本来のあるべき姿を、それぞれ実現すべく努力していくべきでしょう。

今回問題提起されたことに対して、行動でしっかり応えて参りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »