« 事業仕分け始まる | トップページ | 青少年健全育成条例について »

検察審査会が起訴相当と議決

小沢幹事長の政治資金規制法違反事件で、検察審査会で「起訴相当」との議決を全会一致で議決した。

既に東京地検特捜部が起訴を見送ってから、国民からの強い批判を浴びながらも大きな動きがありませんでした。この判断を受けて、今後の政界の動きが活発化していくことでしょう。

マスコミでは、幹事長を辞任して云々の人事面での報道が先行しています。政治家のけじめとして、職を辞すということは十分にあり得えますが、いま議論しなければならないのは、事実はどうなのかという事だと思います。

国会で明らかにするのか、裁判で明らかにするのか、方法はいろいろとあると思います。政権の基盤がぐら付いている中で、マニフェストでお約束した政策をいかに実行していくか、岐路に立っています。

いつまでも政治とカネの問題で、足踏みしていることは許されません。

|

« 事業仕分け始まる | トップページ | 青少年健全育成条例について »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141230/48200523

この記事へのトラックバック一覧です: 検察審査会が起訴相当と議決:

« 事業仕分け始まる | トップページ | 青少年健全育成条例について »