« 青少年健全育成条例について23 | トップページ | 定例会終了 »

青少年健全育成条例について24

この件の書き込みも24件目となりました。大勢の方にコメントやメールをいただいております、あらためまして心より感謝いたします。

さて、いよいよ明日は採決の日です。自公案として修正案なるものが出てきて心配されている方もおられるようですが、我々を批判するためのアリバイ作りでしかないと思っていますのでご心配なく。

あれだけ様々な観点から疑問を呈しているのに、「非実在青少年」を「描写された青少年」と言い換えただけで、「これで問題が解決された!」との事のようのですから、お話になりません。

その点を踏まえて修正案についても質疑はさせていただきますが、PTとして積み重ねてきた議論を無視して結論を出すわけにはいきません。一部で、「修正案が通る」とか「民主党から造反が出る」などと言われているようですが、そのような事は全くありません!

粛々と修正案についての問題点を指摘し、改正案の原案と修正案両方とも「否決」するとの方針に変わりはございません。最後まで気を抜かず頑張りますので、最後までご支援よろしくお願いします。

|

« 青少年健全育成条例について23 | トップページ | 定例会終了 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。長い間の協議、固唾を呑んで見守っておりました。都議会民主党の皆様には、この件について本当に熱心にご尽力いただき、とても感謝しております。今後のさらなるご活躍をお祈り申し上げます。

投稿: 水戸(小林) | 2010年6月13日 (日) 22時27分

 心強い記事を有難うございます。仰るとおり、言葉を変えた修正案はお話にもなりません。
 青少年にとっても、成人にとっても「息苦い」(見るもの、読むものに検閲という手が入る戦前・戦中を思わせる)世の中にならない為にもこの改正案と修正案は否決されなければなりません。明日の否決を心待ちにして審議を見守りたいと思います。この改正案の決着が出るまで、最後まで見ていく所存です。
最後に一言、お疲れのでませんように。

投稿: うめ | 2010年6月13日 (日) 22時33分

本当にごくろうさまです。
他にも都政は問題山積みの中、なぜ民主主義の根幹である基本的人権を脅かす条例案を提出出来るのか。
しかも否決されればまた同じ物を何度でも出すと言っています。
なぜ、反対されているのかも考えずにです。
この条例を作った人達は東京を平壌にでもしたいのかと疑いたくもなります。

投稿: 木村 | 2010年6月13日 (日) 22時56分

私はこの件に皮切りに、伊藤まさき氏、そして民主党都議員の活躍ぶりは世間に知ってほしいと思うようになりました。

相手側が大義名分を掲げながらも、それに勇敢に立ち向かい、「表現の自由」と「青少年の育成」の両方を守る道を選んだことは議員として誇って良いものであり、自分もその政治を行ってくれる人がいることを大変嬉しく思います。


この件に関しまして、「義」は都議員民主党の議員の皆様にあるのは間違いありません!明日の総務委員会、頑張ってください!

そして、これからも都政でのさらなる活躍を期待し、応援しております。

投稿: bbb | 2010年6月13日 (日) 23時03分

伊藤様ならびに民主党都議会議員の方々には、反対派、条例に懸念を持つ人たちの声に真摯に耳を傾けてくださり、大変感謝しております。
また、条例案を否決するとのコメントをいただき、たいへん心強く感じております。

私は残念ながら都民でないので直接ご恩に報いることは出来ないのですが、今度の参院選では民主党を応援させていただくつもりです(実は国政選挙で民主党に投票するのは初めてです)。
また、伊藤様がもし将来国政に活躍の場を移すようなことがあれば、そのときには全面的に応援させていただきたいと思います。

最後に伊藤様におかれまして、決して無理をなさらぬよう、お体にはくれぐれもお気をつけください。
それでは失礼します。

投稿: ふりっぷ | 2010年6月13日 (日) 23時56分

さらなる規制に繋がりかねない見直し規定まで入った修正案は本当に論外です。伊藤まさき様、そして都議会民主党の皆様のこれまでの頑張りには感謝の言葉もありません。今後も一層のご活躍を期待しております。

投稿: しま | 2010年6月14日 (月) 00時21分

>一部で、「修正案が通る」とか「民主党から造反が出る」などと言われているようですが、そのような事は全くありません!
これは非常に心強い発言です。
いよいよ決着が付く、その瞬間を見守らせて頂きます。

最後まで頑張って下さい!!!

投稿: 愛知の長門 | 2010年6月14日 (月) 00時49分

長らくのご協議、お疲れ様でした。

法としての形式すら整っていないこの条例案が通るということがあってはなりませんが、
そもそも「健全」の美名のもとに一面的な価値観を押し付けようとする狭量な方がそのような案を出せる地位にあることも心配です。
今後も大同小異な案が出てくるかもしれませんが、どうか偏見やマスコミの誤報等に負けず正しい法を守っていって下さい。
今後とも見守っております。

投稿: Tassa | 2010年6月14日 (月) 00時54分

金曜日の傍聴に行かせていただきました。
自民公明の議員方の言われていることはあまりに無茶苦茶です。
しかも、本質的におかしいという反論に誤解だと言い続け、討議して文言修正をしたからこれで我々はちゃんと義務を果たしていると言われたのに傍聴人の方々からは怒りを通り越して、呆れた笑いが思わずこぼれていました。
しかも、提出した修正案を即討議させるなど。
こんな無体が通っていては正常な議会政治はありえません。
民主主義や議論を侮辱しています。
そして、これはもはや『表現の自由』だけの問題ではなく、言論の自由の問題であり、人権の問題です。

民主党、共産党、生活者ネットの皆様のおかげで都議会の正常性は辛うじて保たれていると思います。
お疲れでしょうが、なにとぞよろしくお願いいたします。

投稿: 葉月 | 2010年6月14日 (月) 01時45分

おはようございます。

昨日コメントを書いたものですが。
情報がなかなか入ってこず焦り噂とはいえ鵜呑みにしてしまった自分が恥ずかしく思います。

伊藤先生をはじめ民主系都議員の方や今回の条例を反対している議員の方々を信じています。

今日、関東地方が梅雨入りをしました。
体調に気を付けて下さい。

投稿: | 2010年6月14日 (月) 11時44分

総務委員会で否決されたという事を知り、とりあえずほっとしました。
伊藤先生を初めとした民主党都議の先生方の賢明なご判断には、本当に頭が下がります。物書きの端くれとして、心より御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
引き続き、このような酷い条例が提出された時には、今回のような賢明なご判断をお願い致します。

投稿: ぴかぽん | 2010年6月14日 (月) 15時06分

伊藤先生、お疲れ様です。委員会では否決になったということで、一安心です。否決に持っていってくださって、ありがとうございます。
なのですが、第一ラウンドの決戦は16日ですね。まだまだ、気は抜けません。
あと二日、あと一押し。
民主、共産、生活者ネット、自治市民の先生方。ファイトです!
でも、無理はなさらぬように。

投稿: かおり | 2010年6月14日 (月) 22時59分

委員会での否決、本当にありがとうございました。
日本の首都の政治が、理不尽なものに抗える政治であった事を誇りに思います。

投稿: keitoshiaki | 2010年6月14日 (月) 23時19分

否決になったようですね。
9月に再度提出するようなので、その時も冷静に反対してる人の声にも耳を傾けていただけるとありがたいです。

反対派は基本的に一般人なのでなかなかメールひとつ送るのも大変なのです。
声が少なくなったからといって諦めた訳ではありません。
規制推進を仕事にしている人とは違う。

今後は、議員の先生方には、その辺りも配慮してほしいです。

本当に今回は、ありがとうございます。

投稿: 東京都民 | 2010年6月15日 (火) 03時01分

 ようやく、お疲れ様と言えるような一段落を迎えられそうですね。
 私は今回の件を通じて、日本の政治家も、まだまだ捨てたものじゃないなと素直に感じました。
 世間の人は民主党に色々思うことがあるかも知れませんが、少なくとも私は、都議会民主党については、胸を張って、『都民の声をちゃんと聞いてくれる良い政党だよ』と言えます。

 と、同時にここまで来てまだ条例を改正しようと推進している人たちの気が知れません。民主主義の何たるかをまるでわかっていない狭隘な主義者達が、強い権力を握っているというのは、改めて恐ろしいことだと感じさせられました。
 あるいは、歴史はこうやって繰り返していくのだとも感じました。

余談
 私事ですが、都内にある行きつけの漫画喫茶が急に、身分証の提示を必要とする完全会員制になってしまいました。
 店内の張り紙や会員証に書いてあったのですが、これも件の条例の影響のせいです。
 これくらいならまだ耐えられますが、公権力によって行われる、健全化という名のおせっかいはやめて欲しいものです。

投稿: マフ茶 | 2010年6月15日 (火) 15時56分

NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房。」の第11週「貧乏神をやっつけろ」をご覧になった人達が、今回の都の青少年健全育成条例改悪問題と重ね合わせ「半世紀経って何も変わっていない・・・」と呆れる感想を多く聞きます。
ドラマ中では大好きな漫画を悪書にされ、実の親に規制運動に利用されるという、愛情を履き違えた虐待に合う子ども達の涙がありました。

今、この条例を都で成立させようとしている人達はそんな子供達だった大人達なのに、なぜ同じ事を今の子供達へするのでしょう。

投稿: 木村 | 2010年6月15日 (火) 22時41分

本当にありがとうございます。
私は5月30日の集会に参加させていただいた者でございます。

私は小学生の頃、配られたプリントに「参加は自由」と書かれていたので、それに参加しない意思を表しただけで担任の教師に教壇に上げられ、クラスのみんなの前で延々と厳しいお説教を受け、文字通りの『晒し者』にされた挙句、しぶしぶ参加した経験があります。
ですので、『偏った情報を書いたプリント』を小学校に配布して無理矢理に賛成の署名を集めるようなやり方に憤りを感じておりました。
(もしその時点で条例の危険性に気付いていたとしても、反対すればイジメの標的になりかねないような内容のプリントであったと伺っております)

このような条例が通らなくて心から喜んでおります。
先生方の御尽力に心よりの感謝を申し上げます。


ところで、参議院総選挙も間近となりました。
選挙では当然ながら民主党所属の先生に投票させていただきます。
また、私でも可能な範囲で先生方のご活躍を広めて行きたいと考えております。
その際、今回の条例など、各法案の実際の採決で『賛成』『反対』それぞれの意思を表明した議員先生とその政党を(インターネットなどで)個人で調べられる方法はありませんでしょうか?
もし可能であれば、選挙の際に必ずや追い風になるものと思います。

投稿: 千葉県民 | 2010年6月15日 (火) 23時23分

今日が本会議ですね。
本当に、お疲れ様でしした。

私も次の選挙は、民主党の先生に投票しようと思っております。

そこで質問なのですが、民主党の候補者で、この問題に言及されている方はいらっしゃいますでしょうか?

広く周知して少しでもご助力できればと思っていますので、いらっしゃれば是非教えてください。

投稿: お箸 | 2010年6月16日 (水) 09時56分

本当に多くのコメントありがとうございます。
今日、都議会も国会も会期を終え、いよいよ参議院選挙に突入です。
さて、本件で言及している候補予定者の筆頭は蓮舫さんです。
3月の定例会の時に、会派の幹部や私にも直接電話をかけて否決すべきと働きかけてくれました。
この動きがなければ、付帯決議で原案賛成となっていたかも知れませんでした。

投稿: 伊藤まさき | 2010年6月16日 (水) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141230/48622029

この記事へのトラックバック一覧です: 青少年健全育成条例について24:

« 青少年健全育成条例について23 | トップページ | 定例会終了 »