« 蓮舫総決起集会のお知らせ | トップページ | 青少年健全育成条例について21 »

青少年健全育成条例について20

本件については、現在のところ多いな動きはありません。粛々と議論され粛々と採決が行われて、然るべき結論が出ると思います。知事は負け惜しみを言ってますが、もう少し考えてモノを言われた方が良いと思っています。

明日、民主党と生活者ネットが共同で、出版業界へ要請をさせていただきます。出版業界の皆さんとは、条例改正案に関して意見交換をして来ましたが、業界としての今後の取り組みについて要請します。

|

« 蓮舫総決起集会のお知らせ | トップページ | 青少年健全育成条例について21 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

これからの動きとして、出版業界との連携は避けられないと思います。
双方が、またそれに纏わる関係者が納得のいく方向へと風向きが変わることを祈っております。

投稿: m | 2010年6月 3日 (木) 00時07分

伊藤先生の仰る通り、知事が言っている事は「負け惜しみ」以外の何物でもありませんよね。。。
自分の意見に反対されたからへそを曲げているお爺ちゃんを見ているようで、複雑な気分です。

近所のお爺さんなら「かわいいね」で済みますが、知事の場合、そういうわけにもいきません。当選なさった当時は、たくさんの都民から、期待と信頼を寄せられたいたはずです。
いつまでも子供みたいに駄々をこねていないで、ご自分の間違いは間違いと認め、もう少し頭を冷やしていただきたいところですね。

私も、3月からずっとこの改正条例に反対し続けてきました。
個人として出来る事は限られていますが、出来る限りの活動もして参りました。今回、伊藤先生はじめ、民主党の皆様のご良識あるご判断を賜り、心から感謝しております。

やなせたかし氏や藤子不二雄氏など、日本の良心といっても決して過言ではない方々が、次々と反対意見を表明していらっしゃいますね。
知事には、その事実をしっかりと見つめていただきたいです。「また出しなおせばいいんだから」などと仰っているようですが、条例は、むきになって腹立ち紛れに改正していいものではないですよね。
もっと、客観的、且つ冷静なご判断をいただきたいものです。

お忙しい事とは思いますが、業界や、実際に影響を受けるかもしれない18歳未満の未成年達の意見を、どうか聞いてあげてください。
よろしくお願いいたします。

国民の意見をきちんと取り上げ、議論を交わし、間違いは間違いだと糾弾してくださる民主党の民様を心から支持いたします。

今回否決されても、先の長い議論となりそうですが、どうかよろしくお願いいたします。

心から応援しております。
がんばってください。

投稿: | 2010年6月 3日 (木) 14時54分

活動お疲れ様です。
長期に渡った戦いも決着が見えかけておりますが、どうか最後までがんばってください!


さて、業界への要請ということですが、「自主規制」を行う良心を確固たるものとして、知事にも誰にも規制弾圧を言わせないようにしていくことは重要だと思います。
出版社、政治家、作家、さまざまな人と協力、連携し事態を解決していきましょう。

投稿: 愛知の長門 | 2010年6月 3日 (木) 16時33分

上記コメントを書かせていただいた者です。
下記2点を訂正させていただけますでしょうか。

「寄せられたいた」→「寄せられていた」
「民様」→「皆様」

気が急いていたとは言え、大変失礼致しました。

投稿: | 2010年6月 3日 (木) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141230/48526721

この記事へのトラックバック一覧です: 青少年健全育成条例について20:

« 蓮舫総決起集会のお知らせ | トップページ | 青少年健全育成条例について21 »