« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

今年もいろいろありました

事務所の大掃除も終えてすっかり年末モードです。

今年は政権交代後の政治状況も思わしくなく、各地で行われている地方選挙での惨敗が続いています。

来年は統一地方選挙や都知事選挙もあり、大変危機感を持っております。

来年こそ、政治を安定させ本当に必要な改革を推進できるようにしたいものです。

個人的には順調な一年でした、皆さんに心より感謝いたします。来年も良い年でありますようにご祈念申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青少年健全育成条例について29

本日、総務委員会で本条例は附帯決議を付して可決しました。

心配をされる方からの多くの声がこのブログにも寄せられております。厳しいご意見があるのは致し方ありませんが、公序良俗に反する内容のものも散見します。それらは公開致しませんのでご了解下さい。ご心配の声には、今後の取り組みで応えて行きたいと思います。

今日のタウンミーティングでは、この話題が全てでした。時間を大幅にオーバーしましたが、良い議論が出来たと思います。ここでは書けない裏話を交えて本音で話しをいたしました、ご出席をいただいた皆さんにも率直なご意見をいただき、、有意義な時間でした、心より感謝いたします。

都議会民主党の大沢幹事長名で談話を発表しました。http://www.togikai-minsyuto.jp/danwa/post_377.html

取り合えず、これでこの条例についてのご報告は終了とさせていただきます。長い間、ありがとうございました。

| | コメント (24) | トラックバック (0)

青少年健全育成条例について28

既に新聞などで報道されているように、この問題についての都議会民主党の最終的な対応が先の総会で決定しました。付帯決議を付けて賛成します。

この間、部会などでもさまざまな議論や視察を続けてきましたが、ここでの報告は控えておりました。落ち着いて議論するためにそうすることを申し合わせていました。委員会も部会も離れておりますので、横から発言は避けておりましたことを御理解下さい。

今回の判断を心配される方も多いとおもいますが、我々は議会人として多くの声に応えたと思っています。修正案には代表質問や総務委員会で我々が問題点として指摘してきた点が取り入れられていますし、慎重な運用を求める付帯決議を付けることも出来ました。

しかし、この問題はこれで終わりではありません。青少年の健全育成のあり方、表現規制への配慮、制度の運用についてはこれからもきちんとチェックして行くのは当然です。

多くのメールや手紙をいただいております。全てに目を通せたわけではありませんが、その多くに目を通してきました。その声に完璧に応えられなかったかも知れませんが、熱意をもって都政に目を向けて頂いた事に感謝申し上げます。

| | コメント (115) | トラックバック (3)

都知事選挙に向けて

今定例会では、青少年健全育成条例の一部を改正する条例案や指定管理者の指定についての議案などで議論がおこなわれているところである。

今週に質疑を終え、来週にはそれぞれの議案の賛否が問われることになる。どちらも賛否の分かれる議案ですが、最終的には判断をしなくてはなりません。いずれにせよ都議会第1党の責任を果たして行かなくてはなりません。

さて昨日、東京都連の第1回常任幹事会が開催されました。私も初めての常任幹事に選出されました。加藤公一会長の冒頭のあいさつで、来年4月の統一地方選挙に向けて準備をしっかりと進めて行く決意が表明された。

葛飾では区議・区長選挙は既に終わっておりますが、大変重要な都知事選挙があります。都知事選挙には、ぜひとも勝てる候補予定者の擁立のために、頑張りたいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

タウンミーティングのお知らせ

今年最後となるタウンミーティングをテクノプラザかつしかで行います。

中央市場移転問題や来年度予算への現在の取り組み状況などをご報告したいと思います。都政のみならず国政・区政へのご意見やご要望など、どのような事でも結構ですので、率直な意見をお寄せ下さい。

日時 12月13日(月) 午後7時から8時まで

場所 テクノプラザかつしか  葛飾区青戸7-2-1 03-3838-5557

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指定管理者制度

今回の定例会では、多くの指定管理関連の議案が提出されている。選定は都が行い、議会の議決を得ることになっているのだが、会派で問題となっている。公の施設の管理を民間にも開放し、行革と行政サービスの向上が目的の制度であるにもかかわらず、今回は多くの公園の管理を特命で監理団体に任せる内容になっているのです。

今回の決算質疑で監理団体の問題点を散々指摘した後だけに、簡単に賛成とは行かない。公園行政は建設局の所管なので、今度の環境・建設委員会で質問をします。特に防災公園として特命で管理させる公園の運営については、強い問題意識を感じている。

平成21年4月に代々木公園と水元公園は、今回と同様特命で監理団体の東京都公園協会が管理をしているのだが、地域と連携し防災訓練もまだ一度も実行されていない。さらに、水元公園にいたっては消防団のポンプ操法大会の土日開催要望も受け入れないなど、防災公園とは名ばかりの運営が行われています。

こんな状態で新たに11もの防災公園を管理できるのか疑問がある。努力しなくても仕事が取れると現場が弛緩しているのではないかと疑いたくもなります。

この点だけでなく、契約や天下り状況などの情報公開にどう取り組むのかも、大きな問題点だと考えています。10日の質疑で質したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »