« タウンミーティングのお知らせ | トップページ | 67回目の原爆慰霊祭 »

自衛隊の総合防災訓練に参加した区はたったの7区

16日から5日間の予定で総合防災訓練が始まった。練馬駐屯地から隊員が徒歩で各区役所に連絡員として被害状況、災害派遣要請の有無などを把握する内容です。

産経新聞の報道では、「正門前には迷彩服姿で都内を歩くことに反対するため、拡声器を持った労組関係者ら数十人が「自衛隊の災害派遣は戦争への道」などとシュプレヒコールを繰り返した。一方で訓練を支持する市民も10人ほど集まり、「自衛隊頑張れ」と声をかけた。一時は双方が怒鳴り合うなど騒然とした。

 訓練の主体となった陸自第1師団によると、23区のうち、危機管理監などが対応し、訓練に協力したのは7区役所。残りは「休みで人がいない」と述べるなどして対応しなかった。自衛隊員の立ち入りを拒む区役所もあったという。」

日本は自由な国ですから、何を言っても良いとは思いますが、激甚災害には自衛隊の応援はなくてはならないものであることは、東日本大震災でも明らかです。

幸いなことに葛飾区は自衛隊のこの訓練に参加をしていますが、今回の23区の対応はいかがなものかと思います。

都の防災計画をこれから変更していきますが、自衛隊の役割は以前より大きくなっていると思います。人の命に関わる事ですから、防災対策には万全を期さなくてはなりません。

|

« タウンミーティングのお知らせ | トップページ | 67回目の原爆慰霊祭 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141230/55214874

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊の総合防災訓練に参加した区はたったの7区:

« タウンミーティングのお知らせ | トップページ | 67回目の原爆慰霊祭 »