« 明日から定例会 | トップページ | 区長と意見交換 »

来年の区長・区議選について

来年は7月に都議選、参院選があり、11月には葛飾区長・区議選が行われます。

前回は区長選挙は独自候補、区議選は8人擁立をした。その結果、区長選挙は政権交代直後にもかかわらず惨敗、区議選は6人当選。

これをどう分析するか様々な見方がありますが、かなり反省しなければならないと考えてます。特に区長については、政権交代後という事もあり、独自候補擁立に直前で舵を切った事と、候補についても党内で異論が出た事が惨敗につながったと思います。どのような政策で区をどうするのかが、殆ど議論がなく選挙に突入してはならないと考えております。

区議選についても、擁立の遅れや準備不足で2名が落選したので、個々の例をもう一度分析し、それを繰り返さない事を念頭に置いて擁立していくべきと考えます。

選挙まで、1年を切りますのでその準備をし始めております。前回は大きなフォローの風が吹いていましたが、今回は大きな逆風です。前回以上に入念な準備が必要です。

現職の皆さんとしっかり歩調を合わせて齟齬の無いように、調整役として汗をかいて行く決意です。

|

« 明日から定例会 | トップページ | 区長と意見交換 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141230/55895275

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の区長・区議選について:

« 明日から定例会 | トップページ | 区長と意見交換 »