明日から区長・区議選が始まります

久々のブログ更新です。

いよいよ明日から葛飾の区長・区議選が始まります。昨年の総選挙以来、大敗が続き党勢の回復の兆しすら見えない状況下での選挙となります。

私も6月の都議選で議席を失い、さらに個人的にも大変な時期と重なり、仲間の区議候補予定者には十分な事をしてあげられず申し訳ない気持ちです。

この間、8人いる区議候補予定者をいかに絞るかという、辛い作業をこなすのが精一杯でした。自らの敗戦のせいで、仲間の党の公認だけでなく立候補自体を辞めてもらうのは、身を削るより辛く厳しいものでした。

幸い、現職で一番若い久家しげる区議などが、気持ち良く辞退してくれました。他地域に比較しても、葛飾の民主党は強い一体感がある事を誇りとしてきました。そんな一体感があったからこそ、5人の候補に絞れたのですが、それか今振り返ればありがたくも悲しく感じます。

しかし、選挙はこのような内向きの感情は一切関係ありません。とにかくこの4年間積み重ねてきた実績や活動を一人でも多くの方にご理解いただけるように、前向きに取り組む決意です。

4年間の浪人中も明るく前向きに取り組んだ川崎の福田市長のように、ひたすら有権者を信じ明日からの1週間を全力で頑張る決意です。

区長選挙では、現職の青木かつのり候補予定者を推薦しています。

区議選は、米山真吾佐藤ゆうだい うてな英明中村けいこ かわごえ誠一 の公認。

全員当選を目指します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

任期満了

昨日、東京都議会第18期の任期が満了しました。

19期の議席をお預かりできませんでしたが、2期8年に渡り大勢の方にご支援を賜り心より感謝申し上げます。

今後の事について聞かれる事が多いのですが、全くの未定です。まずは11月の葛飾区長・区議選に全力を挙げてまいります。

参議院も大変厳しい結果が出ました。この状況を冷静に分析し考えて、今後の方針を決めて行きたいと思っております。

これからは浪人生活ですが、新しいものを吸収できるよう、様々なチャレンジをしていくつもりです。きちんと充電をし、パワーアップして帰ってきます!

明るく元気に前向きでのスローガンを中心に据えて頑張ります。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都議選の結果

大変厳しい有権者の判断をいただきました。

この選挙に向けて、仲間と結束して出来ることは全てやり抜きましたので、全く後悔はありません。反省すべきをしっかり反省し、出直しをして行くつもりです。

駅に立ち、お世話になった方々にご挨拶をし後片付けの日々です。

個人的には嬉しくないのですが、落選のたびにいろんな事に気付かされ、その度に大きく成長して来ました。悲観ばかりでなく前向きに取り組んでまいります。

参議院選挙、11月の区長・区議選などについても、出来る事を全力で頑張ります。私よりも周りの方が参っているくらい元気にしております。

私を支え応援していただいている方々に、心より感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都議選に臨む

いよいよ明日から3期目の挑戦をする都議会議員選挙が始まります。23日の投票日に向けて全力で頑張ります。

2期8年に渡り皆様方にお育ていただき活動をしてまいりました。都政では天下りや行革に取り組み、天下り先の公開や監理団体の契約の全面公開などを実現しました。

地元の葛飾区と協力し、子育て支援や教育環境の整備など、様々な政策を実現して来ました。次期はこうした基本的な事に加え、病院の誘致や海洋政策の推進などより大きな政策の実現に努力してまいります。

これまで金町駅を中心に17年間に渡り雨の日も風の日も駅頭から、議会の報告をして来ました。現在の置かれた厳しい状況下で、苦戦を強いられておりますが、本当に多くの方々に温かいご声援をいただいていることに心より感謝を申し上げます。

区議1期、都議2期計12年の集大成を期して頑張ります。

最後に2年前に突然お亡くなりになられた、尊敬する樺山たかし先生について一言申し上げます。

先生は古い政治と戦い不幸にして命を落とされました。生前、党派を超えて可愛がっていただいた先生の無念を晴らすべく、万感の思いを持ってこの戦いに臨みます。先生の大志を継ぎ、この葛飾の為に尽くして行く決意です。樺山先生のご冥福をお祈りいたします。合掌

| | コメント (2) | トラックバック (0)

期間中

明日から都議選です。

期間中は公選法の規定によりブログの更新が出来ません。後ほど都議選に臨む気持ちと決意をアップします。

期間中はFBやツイッターでつぶやくかも知れません!

23日までお騒がせしますが、ご理解下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葛飾の病院誘致で大きな一歩

これまで葛飾への病院誘致については、仲間の区議とともに4年以上前から取り組んできました。

区内の医療の状況については、医師数、病床数、看護師ともに都の平均を下回り、今後の高齢化に伴う医療への需要の増加に耐えうるのか大変心配な状況です。救急搬送、ガンの死亡率の高さ、震災時の対応についても、対策を取らなければならないと考えます。

都議会では厚生委員会に所属しておりますので、葛飾の状況について毎定例会で指摘し、特に病床の上限を定めている基準病床数制度の弾力的運営については強く求めました。

4月1日に発表された保健医療計画において、葛飾の所属する区東北部保健医療圏では460床も病床数を増やせる事になり、私の要望が叶えられました。

これは非常に大きな前進で、葛飾への病院誘致がより具体的な段階へと進む事が出来ます。

また、都の支援体制についても、葛飾の実情に応じた施策の展開ができるよう、きめ細かく支援していく姿勢であることを委員会の答弁で引き出せました。

関係団体も賛成の意向に転じていただけたようです。拠点病院をきちんと確保し、さらに医療連携を進め、葛飾の医療環境の向上に努力して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金町浄水場 100%高度浄水システムに移行

Dscf4302_2
今日は地元の金町浄水場の高度浄水施設の完成式に参列してきました。

猪瀬都知事や中村議長をお迎えして晴れやかな式典でした。このシステムは25年の歳月と約650億円の予算を掛けて完成されたものです。

一昨年の7月に亡くなった故樺山卓司都議が、永年取り組んでこられた事業でしたので、樺山先生もさぞお喜びになっていると思います。

今年の10月には、都内すべての浄水場で高度浄水システムに切り替えが終了いたします。蛇口をひねればおいしい水が飲める、当たり前のようですが、世界で見ればほんの稀な事です。

これまで努力されてきた全ての方々に感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅頭活動を通していただいた声

「❍❍と申します。

先日主人が伊藤さんの街頭演説を金町駅できいたそうです。若年層のがん患者への救済措置の話をしていたまるで家の話をしていたような気がしたような気がして、思わず足をとめてきいてしまった。

我が家の娘が一昨年末直腸がんとわかり約一年間闘病、今年の一月に残念ながら天に帰っていきました小児科なら医療費はかからず お年寄りなら介護保険もつかえるけど我が家は二十歳になったばかりがんの治療費は本当に高くて正直サラリーマン家庭の我が家には毎月の支払いが本当に大変でした。残念ながら子供にはがん保険はかけてませんでしたした。ただ我が家の場合は病気になったのが娘でしたから主人が働けばお金はなんとかなる。私は五月まで区内の保育園で短時間保育士の仕事をしていましたが、娘の看病の為辞めざるおえなくなり退職収入が減り本当に大変でした。

抗がん剤 手術 放射線治療 娘は大腸がんでしたが、がんが腰の筋肉に入り込み途中から歩行困難になってしまいました。車椅子を購入したり 、自宅に手摺をつけたり、何か救済はないものかと区役所に問い合わせましたが年齢的なこと病気がかんということもあり何もなく。いよいよ足が動かなくなり障害者手帳の申請をしましたが、申請に時間がかかり結局手帳がおりると区役所の方がきてくれた時は死ぬ二日前受け取らずにお返ししました。

区役所の係りの方が娘の姿を見てお役にたてず本当に申し訳ありませんでしたと涙ぐみながら頭を下げて帰っていきました。障害者手帳が動けるうちにおりていたら三級申請していたのですが、東京都はドクターの申請書を見て該当しないと判断四級とみなされてしまい再申請をしてもらい時間がかかってしまいました。その時の娘は既に歩行はできなかった実際に様態を目でみていてくれていたら悔しいです。

家に帰りたいという娘の希望を聞き入れ、病院からでて十日間在宅緩和ケアを取り入れました。病院と同じベッドをレンタルしました、酸素もレンタル全て実費でも仕方ない亡くなり後から請求書が届きましたが本当に高額で十九歳から三十九歳といえば我が家のように子供という立場ならなんとかなるかもしれませんが、結婚して子育て世代も多く お父さんががんになれば働く事ができない病院でこれからどうしよう。

お給料がもらえないし、治療費は高くお金をだせないと泣きながら話す若いお母さんの姿を沢山見てきました。お母さんがなっても同じです 。ついていてやりたいが仕事を休むわけにはいかないけど小さい子を抱えて誰がこの子をみてくれるか?お金もかかるしどうすればよいのかなってみて初めてわかること 。

子ども手当? 本当に必要ですか? 必要な家庭もあるでしょう けどそうでない家庭も沢山ありますね。ずるして生活保護や母子家庭手当てをもらったり、低所得といい嘘の申請をして給食費をただにしてもらっていたり 、本当に助けが必要な人達がいざとなっても助けがなく 毎日泣きながらどうしようと暮らしている人がいる娘の病気でわかりました。

「生きたい まだ死にたくないよ!絶対に治してダンスを又やる」闘病中も親や周りを気遣い決してうろたえることなく弱音もはかず最後まで立派でした二十一歳夢叶わず 天に帰っていきました。

娘のがんを経験し学んだ事がいつかお役にたてたらとそう思っています。

伊藤さんの街頭演説を聞いた主人いつもなら通りすぎていたといっていました。これも娘の仕業かな(笑)

伊藤さんの街頭演説を聞いて主人が娘のことを話してくれていたみたいで凄くうれしかった若いがん患者にも優しい国になってくれたらいいなといっていました。すみません支離滅裂 まとまらず乱文お許し下さい。 頑張ってください

以上、メールをいただいた方に同意を得て、個人を特定できる部分を削除させていた

 

だきました。昨年なら、我々の「がん対策推進条例」が可決できる可能性が高かったのに本当に悔やまれる思いを駅で述べていた日の事です。
この条例で委員会は2日間空転しましたが、こうした方々の事を考えるととても辛いし、恥ずかしい。
今は、この悔しさをバネに頑張るしかない。駅で話している内容を実際に聞いてくれる方が居る、私の行動を見ている人がいるという事を胸に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タウンミーティングのお知らせ

今月のタウンミーティグは米山真吾区議とのコラボです。定例会の終了直後ですので、定例会の報告や病院誘致などの内容になる予定です。

ふるってのご参加をお待ちしております。

3月29日(金) 午後7時~8時 新小岩北地区センター(葛飾区東新小岩6-21-1)

3月30日(土) 午後2時~3時 奥戸地区センター(葛飾区奥戸3-9-17)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タウンミーティングのお知らせ

定例会直前の忙しいさなかではありますが、毎月恒例のタウンミーティングをいたします。

今回は佐藤ゆうだい・うてな英明区議とのコラボ企画です。都も区も予算の審議前ですので、主なテーマは来年度予算です。奮ってのご参加をお待ちしております。

2月22日(金) 午後7時~8時 堀切地区センター  (うてな区議とコラボ)

2月25日(月) 午後7時~8時 南綾瀬地区センター (佐藤区議とコラボ)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧